Ruina

No Image
概要

タイタス八世と九世はRuinaに登場するアルケア帝国八代目皇帝と九代目皇帝。
七世の子どもたちだがお互いを愛しており十世を産むが異形であったため墓所に封印された。
それぞれの統治期間は非常に短く合わせて7年(八世: ...

Ruina

No Image
概要

タイタス七世とはRuinaに登場するアルケア帝国七代目皇帝。統治期間86年。
女帝。
即位には諸王たちに進められなったが、後に彼らの主となり実力を発揮する。
名君であり民、貴族と多方向から讃えられるほどの実 ...

Ruina

No Image
概要

タイタス六世とはRuinaに登場するアルケア帝国六代目皇帝。統治期間37年。
魔術を極めたと思い込み墓所に自らを祀る大神殿を築く。が、反乱のさいに大神殿へ逃げて自殺。墓所へ葬られた。

戦闘

魔法使いタイプ。弱点は ...

Ruina

No Image
概要

タイタス五世とはRuinaに登場するアルケア帝国五代目皇帝。統治期間65年。
四世の息子で四世のような不死を得ようとした。しかし、得られなかった。
信仰心が強く諸国の神殿を帝都に集めて日に一度の祭りを行わせて多くの ...

Ruina

No Image
概要

タイタス四世とはRuinaに登場するアルケア帝国四代目皇帝。
シバの哲人イクタイエスを師に持ち、諸国の知識を集めて大図書館を建設。鍵の書の製作者と思われており知恵者たちを星に至らせたと書かれている。
285年と長く ...

Ruina

No Image
概要

タイタス三世とはRuinaに登場するアルケア帝国三代目皇帝。
始祖帝から皇帝の称号を与えられ48年間統治する。
軍団を率いて遠征し多くの奴隷の獲得や蛮族の討伐、諸王に忠誠を誓わせるなど戦闘に秀でている。
し ...

七つの大罪

No Image
概要

七つの大罪設定は恐ろしいほど見かける。高確率で登場する。
能力、称号、名前、世界、罪と多岐にわたる。そのため、数ある悪魔の設定の中でもダントツと言ってもいいほど知名度が高い。

七つの大罪

No Image
怠惰+憂鬱=現在の怠惰
傲慢+虚飾=現在の傲慢

と、あからさま意味がぜんぜん違うものが合体して誕生した罪。なぜに合体させる必要があるのかわからないものだ。正直、わけていいものだがわけない理由はないだろうな。たぶん。

七つの大罪

No Image
概要

七つの大罪には対応している幻獣がしょぼかったりする。
傲慢はグリフォン、憤怒はドラゴン、怠惰はフェニックス、暴食はケルベロスとなっている。色欲はサキュバスで多少妥当。
しかし、残りが酷い。
嫉妬はマーメイド ...

七つの大罪

No Image
概要

「七つの死に至る罪」とはラテン語の「Septem peccata mortalia」を訳したもの。七つの大罪のような簡単な訳ではなく死までついている。
七つの大罪で死ぬ可能性はあるが、あくまで可能性であり死ぬとは限らない。 ...

七つの大罪

No Image
概要

七つの大罪に対応する美徳はプルデンティウスのプシュコマキアに書かれている。これらは七つの美徳がどの罪に対応するのか書かれている。

対応

暴食 – 節制
色欲 – 純潔
強欲  ...

七つの大罪

No Image
概要

七つの社会的罪とはマハトマ・ガンディーが1925年10月22日の「Young India」に掲載したもの。当時の社会について通説批判した罪で的を当てていると感心する。

一覧

1.理念なき政治(Politics witho ...

七つの大罪

No Image
概要

2008年版七つの大罪とはローマ教皇庁が発表した大罪らしい。中身は現在のものに置き換えている。しかし、いくらなんでもあんまりと思う罪もある。

罪一覧

1.遺伝子改造
2.人体実験
3.環境汚染
4 ...

七つの大罪

No Image
概要

七つの大罪は意外かもしれないがくだけた言い方が可能。と言うか、日本語に似たような感じの言葉があるからならべる。

一覧

傲慢:高飛車
嫉妬:や気持
強欲:ケチ
憤怒:逆ギレ
暴食:食べ過ぎ ...

七つの大罪

No Image
概要

七つの大罪には対応する動物(幻獣を除く)が存在する。動物たちを合わせており関連付けしている。と言っても公式なことではない。
しかも、あきらかに「違うだろ」と思うのもある。

一覧動物

傲慢:ライオン、孔雀、コウモリ ...

七つの大罪

No Image
概要

七つの大罪がフィクションでよく使われるようになったのは悪魔たちの存在だろう。有名な悪魔たちが司りかえってそれがかっこよく見えていかにもラスボスぽく見える。
悪魔たちがいてこそ七つの大罪は輝くような感じだ。

対応する悪 ...

七つの大罪

No Image
概要

枢要罪とは八つの罪からなる罪たち。4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスが提唱したもの。
後に七つの大罪に組み込まれる罪が存在したりと七つの大罪の原型。
順序があり上に行けば行くほど強力なものとされる ...

七つの大罪

No Image
概要

第八の罪とは七つの大罪の8番目の罪とされるもの。存在しないがそれらしいものはある説。

該当する罪

1.正義
2.狂信

これは昨今にある宗教によるテロや異様に信じて何か悪いことをする行為。ぶっちゃけ無知 ...

七つの大罪

No Image
概要

憂鬱とは枢要罪の1つ。4番目に位置する。
気が晴れないこと。精神状態があまりよくないこと。まあ、鬱のことだろう。
七つの大罪にて怠惰と合体される。と言うか、怠惰と憂鬱はまったく違うのに合体させる必要性がどこにもない ...

七つの大罪

No Image
概要

虚飾とは枢要罪の1つ。七番目に位置する。
見栄っ張りで金持ちとかがよくすることだろう。何がいけないのかわからないが、まあわかることは面倒だろう。
七つの大罪で傲慢と合体。
傲慢と対応する動物の孔雀はこれに当 ...