【将棋・駒】王将、玉将

この記事の所要時間: 036

概要

王将、玉将とは将棋の駒の1つ。相手と自分にとって心臓ともいえる駒でこれを詰れたり、とられたりしたら終了である。
平安将棋のいて玉将しかなかったがいつのまにか王将が含まれるようになった。現在は玉将が下位の者が使い、王将は上位が使う習わしが作られた。

動き

あらゆる方向に1進める。これは多くの将棋のルールでは普通である。一部を除いて。
大局将棋では太子から王将になると飛車、角行と同じ動きが可能。
摩訶大大将棋では成りが存在し自在天王となりあらゆる所へ逃げるチートとしか言いようがない駒となる。しかも、駒を前に置いたとしても意味が無く飛び越える。ゲームが成り立つのかそれ?

スポンサーリンク