【将棋・駒】火鬼

2017年3月23日

この記事の所要時間: 043

概要

火鬼(かき)とは将棋の駒の1つで天竺大将棋と大局将棋に使われる。特に天竺大将棋は火鬼の特殊なルールがしかれている。

動き

天竺大将棋

水牛の成駒。
上下左右斜めどこでも行けるが飛び越えることはできない。
この駒の最大の特権は「上下左右斜め1マスに隣接されている駒を焼き殺す」。そう焼くのだ。
将棋をやっている者が聞いたら「はぁ?」となるが、この駒にはそれができる。複数いるところへ突撃して相手の手を破壊しに行くのだ。1回で最大7個焼くことが可能。
ただし、欠点もある。通常の取り方をしたら止まる。そのため、焼く以外で戦ってはダメである。
ある意味、孤独な駒だ。

大局将棋

縦2マス、横斜め移動可能。ただし、飛び越え不可能。
成駒は奔火で縦5コマとなり移動距離が増えた。

スポンサーリンク