【将棋・駒】王子、太子、酔象

概要

王子、太子とは将棋の駒の1つ。似た特徴を持っているので二つとも合わせて説明する。
これら2つの駒の特徴は「王将と同じ働きを持ち、王将が取られても太子、王子が存在すれば試合続行」がある。マリオで言えば残機のようなもので王将が倒されても戦える。
酔象もこの記事で説明する。

太子

小将棋、中将棋、大将棋、天竺大将棋、泰将棋、大局将棋に登場する。
共通して王将と同じあらゆる方向に1コマ移動可能、醉象から成る。大局将棋のみ王将と成り飛車、角行と同じ動きが可能。

王子

摩訶大大将棋に登場する。
太子と同じ王将と同じあらゆる方向に1コマ移動可能、醉象から成る。
なぜ、摩訶大大将棋だけ王子なのか不明。

酔象

王子、太子の成る前の駒。
動きは共通して真後ろへ移動できないがそれ以外の方向は1マス移動できる。
酔象とは「酒に酔って狂暴化した象」で仏教用語で凶悪な心を意味している。どうして、象から太子や王子が誕生するの?
中将棋・大将棋・大局将棋において仲人の成駒。


PAGE TOP