【将棋・ルール】打ち歩詰め禁止

この記事の所要時間: 028

概要

打ち歩詰めとは持ち駒の歩兵を使ったら反則負けとなるルール。盤にある歩兵で詰むのはよくこちらは「突き歩詰め」とされる。
この打ち歩詰め禁止は二代目大橋宗古が明文化したもの。
詰め将棋において打ち歩詰めを利用した問題が存在する。

なぜ?

打ち歩詰め禁止は普通に考えたらわけがわからない。どうして持ち駒の歩を打ったらダメなのか理解できない。私もそう思っていた。
一説には「打ち歩詰めを認めたら先手側が有利となる」可能性があるためこうなったと言われる。