【遊戯王OCG】リチュア・ノエリア

この記事の所要時間: 214

カード

効果モンスター
属性:水
種族:魔法使い族
星:4
攻撃力:1700
守備力:1000
このカードが召喚に成功した時、自分のデッキの上からカードを5枚めくる事ができる。
めくったカードの中に儀式魔法カードまたは「リチュア」と名のついたモンスターカードがあった場合、
それらのカードを全て墓地へ送る。
残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

解説

オメガの裁き!!に登場したリチュアのモンスターにしてリチュアの首領。
墓地肥やしをすることにたけているが、シャドウ・リチュアやヴィジョン・リチュアと言ったリチュアのサーチカードが豊富にあるので必要性をあまり感じさせない。

設定

リチュアの首領。
ナタリアの友人でナタリアの死後、子供のアバンスを引き取る。エミリアの親だが……。
孤児となったエリアルも引き取っている。
性格は優しかったがインヴェルズの影響で狂う。

氷結界時代~ヴァイロン暴走

元々は氷結界に所属しており氷結界の龍解放反対派だった。龍の代わりをとるためにインヴェルズの力を使おうとしたが失敗しナタリアは死亡。グレズに邪念を吹き込まれた。アバンス、エリアルを引き取ったのこの時期。
氷結界の鏡を持って氷結界から出て行きインヴェルズの導きで勢力を拡大しミストバレーの湿地帯に存在するガスタを攻めることにした。同時にインヴェルズの封印を解いた。
インヴェルズの戦いでヴァイロン側に加担しイビリチュア・テトラオーグルとなりヴァイロン・テトラと合体する。実はこれが目的でありヴァイロンの暴走を狙っていた。
しかし、ヴァイロンとの戦いにおいて幻影術の実験で実の子であるエミリアを使い先の戦いでヴァイロンを暴走させヴァイロン・ディシグマを誕生させエミリアを吸収させてしまった。

ヴェルズ登場~最期

邪魔者もいなくなり化学兵器「猛毒の風」を使い再びガスタへ侵攻するがジェムナイトがブチギレ、ヴェルズが誕生した。
ヴェルズ誕生によりインヴェルズの骸を生贄にしてイヴィリチュア・プッシュケローネとなりヴェルズ側に加担しインヴェルズ・グレズをイヴィリチュア・ジールギガスへ強化させた。セイクリッド・カストルと戦いインヴェルズの洗脳が解けて正気に戻った。
今までの罪を精算するためにアバンスとの立ち合いでエミリアを反魂術で復活させた。直後、ジールギガスが自身の最大の弱点である「儀式解除=死」を解消するために儀水鏡を破壊しに来た。ノエリアはアバンスとエミリアを氷結界の模様が刻まれた魔力隔壁で守り儀式を解除しジールギガスを消滅させノエリアの命がつきた。

スポンサーリンク