【遊戯王・ネタ】衝撃の拘束剣

この記事の所要時間: 13

概要

衝撃の拘束剣とは遊戯王ARC-Vの129話に登場する罠カードでどれだけ脚本にとって都合のいい妨害カードの象徴である。
これはあたから見たら普通の罠カードだがすさまじいクソカードである。
手札をすべて捨てて発動する。相手を指定しソリットビジョンが相手に襲いかかる。が、ここで問題が発生する。
ソリットビジョンが消えず不正なデータと検出され強制でバトルが終了する。
そう、不正なカードという脚本にとってこれほどありがたい妨害カードはない。ふざけんな。
デュエルをやるなら徹底してやれよ! ふざけやがって!!

テキスト

衝撃の拘束剣
種類:永続罠
①:自分・相手のバトルフェイズに、
このカードは手札からこのカード以外のカードを全て墓地へ送り、手札から発動できる。
バトルフェイズを終了する。
②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
全てのモンスターは攻撃できず、効果ダメージは0になる。
③:このカードの発動後、相手ターンで数えて、
このカードの発動時に墓地へ送ったカードの数後の相手エンドフェイズに、このカードは破壊される。
④:このカードがフィールドから離れた場合、次の自分ドローフェイズをスキップする。

スポンサーリンク