【遊戯王OCG・ネタ】タイミングを逃す

2016年7月20日

この記事の所要時間: 15

概要

「タイミングを逃す」とは遊戯王であきらかにタイミングどころかそういうものだろうと思っていたらそうでも無いということになっている。コンマイ語の1つ。

元々はギルファー・デーモンとリーフ・フェアリーのコンボを消すための言葉だったが、いつの間にかルールが意味不明になることとなる。

事例

Q.ゴブリンドバーグで特殊召喚した終末の騎士の効果が発動しないのは何で?
A.タイミングを逃します。

Q.ライティーを異次元の精霊で除外したのになんでライティーの効果が発動しない?
A.タイミングを逃します。

Q.何で暗黒界は捨てたも送るも同じじゃないのか?
A.タイミングを逃します。

Q.帝モンスターでギルファー・デーモンを生贄にしたら効果が発動しない。何で?
A.タイミングを逃します。

結論

と、このようにタイミングを逃すというルールがある。後から効果が発動するのではなくその時でしか効果が発動しない。意味不明すぎて正直なえる。
一時期、フォーチュンレディデッキを作り「異次元の精霊を入れても大丈夫だろ」と思ったらタイミングを逃すと出て挫折。何が逃す?

正直、ギルファー・デーモンのテキストを変えればよかっただろ。