エドガー・アラン・ポー

No Image
黄金虫とはエドガ―・アラン・ポーが書いた作品。1843に掲載された世界初の暗号小説。

あらすじ

ルグランとともにサリヴァン島へ移り住んだ主人公。
島への生活になれて1811年10月でルグランがカブトムシを捕らえた。ルグラン ...

エドガー・アラン・ポー

No Image

ウィリアム・ウィルスンとはエドガ―・アラン・ポーが書いた小説。1839に掲載された。
めずらしく読み手の名前が明かされている。

あらすじ

主人公は仮名ウィリアム・ウィルスン(学校で「我々の仲間」という意味)という人物 ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
アッシャー家の崩壊とはエドガ―・アラン・ポーが書いた作品。1839に掲載された。

あらすじ

友人アッシャーの屋敷へ二、三週間泊まることにした主人公。しかし、アッシャーの顔は変わり果てており屋敷もボロボロであった。
アッシャ ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
落とし穴と振子とはエドガ―・アラン・ポーが書いた作品。1842年に掲載。

あらすじ

トレド宗教裁判で死刑と宣告され独房で気絶した所で目が覚めた男。この男の幻覚や苦しみが延々と続きある種のホラーを感じさせる。
オチは宗教裁判 ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
概要

早すぎた埋葬とはエドガ―・アラン・ポーの作品。遊戯王の禁止カードではないが元ネタ。
1844年ザ・フィラデルフィア・ダラー・ニュースペイパーに掲載されていた。

あらすじ

一人の男が墓に埋められ苦しみ読者にそう語る ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
概要

メールストロームに呑まれてとはエドガ―・アラン・ポーが書いた短編。1841年に掲載。

あらすじ

老いた漁師と主人公が崖を歩きノルウェーにあるロフォーデン州のヘルゲッセン山の頂上へたどりついた。
超常から見るとノル ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
概要

黒猫とはエドガ―アランポーの短編小説。1843年にユナイテッド・ステイツ・サタデー・ポストの8月19日に掲載されていた。

あらすじ

金魚、一匹の犬、ウサギ、小猿、黒猫を飼っている主人公。特に黒猫はプルートーと名付けており ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
概要

盗まれた手紙とはエドガ―・アラン・ポーの短編。デュパンシリーズ第3作。
ザ・ギフトの1845年号に掲載された。

あらすじ

Gがデュパンと主人公へ会いに来た。大臣Dの手紙が何者かに盗まれて探すようデュパンに頼んだ。 ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
概要

マリー・ロジェの謎とはエドガ―・アラン・ポーの作品。
スノウデンス・レディース・カンパニオンの1842年11月号と12月号、1843年2月号に掲載された。
デュパンシリーズ第2作。

あらすじ

モルグ街の事 ...

エドガー・アラン・ポー

No Image
概要

モルグ街の殺人とはエドガ―・アラン・ポーが1841年に発表した短編。グレイアムズ・マガジン4月号に掲載された。
史上初の推理小説とされ平凡な読み手と非凡な探偵が犯人を追う原型で後にホームズが作られるきっかけとなる。

芥川龍之介

No Image

「偸盗(ちゅうとう)」とは芥川龍之介の作品。1917年4、7月に中央公論で掲載された。

あらすじ1

朱雀綾小路にて猪熊のばばに会う片目の侍「太郎」。羅生門の亥の刻に集合するよう頼んだ。
藤判官と青侍が4、5人。太郎た ...

芥川龍之介

No Image

「歯車」とは芥川龍之介の作品。1927年10月の文藝春秋に掲載された。
芥川龍之介の中で最も評価が高いとその道の人たちは言うが個人的に「クソつまらない」、「どう見ても自伝」という評価。

あらすじ1話「レエン・コオト」

芥川龍之介

No Image

「桃太郎」とは芥川龍之介の作品。1924年7月のサンデー毎日夏期特別号で掲載された。

解説最初に

まず言っておく。これは桃太郎と言うよりも「桃太郎の名を被った芥川の皮肉」と見た方がいい。「猿蟹合戦」と同じく原作無視の皮肉だ。 ...

芥川龍之介

No Image

「玄鶴山房(げんかくさんぼう)」とは芥川龍之介の作品。1927年1月~2月にかけて中央公論に掲載された。
ただし、1と2は1月1日、3~6は2月1日に掲載された。
全6話で構成される。

あらすじ1

芥川龍之介

No Image

「点鬼薄(てんきぼ)」とは芥川龍之介の作品。1926年10月1日の「改造」第八巻第十一号に掲載された。
小説というよりエッセイ。

解説

物語は「主人公は常に狂っている母親が嫌いで母は死に姉とともに引き取られて現在の主 ...

芥川龍之介

No Image

「一塊の土」とは芥川龍之介の作品。1924年1月に新潮で掲載された。

あらすじ

お住みの息子「仁太郎」は死別した。
仁太郎の葬式が終わり、仁太郎と結婚したお民と仁太郎の息子のことである。49日後にお民を別の男と結婚さ ...

芥川龍之介

No Image

「あばばばば」とは芥川龍之介の作品。1923年12月に中央公論で掲載された。

あらすじ

海軍学校からたばことマッチを売る店の主人を見知っている保吉。店のマッチを買ってくる子供も常連である。
マッチを買い次に来た時は亭 ...

芥川龍之介

No Image

「おしの」とは芥川龍之介の作品。1923年4月に中央公論で掲載された。

あらすじ

南蛮寺にて45、6歳の神父が一人いた。
一番ヶ瀬半兵衛の後家が来た。15歳となる息子の新之丞が大病を患い神父が医者で治療できると聞き来 ...

芥川龍之介

No Image

「雛」とは芥川龍之介の作品。1923年3月に中央公論で掲載された。

あらすじ

11月。これは老婆「お鶴」の話である。
当時15歳のお鶴は横浜にいるアメリカ人へ雛(ひな人形のこと)を売る言って出かけた話し。
お ...

芥川龍之介

No Image

「猿蟹合戦」とは芥川龍之介の作品。1923年3月に婦人公論で掲載された。
小説と言うよりもエッセイ。

解説

そもそも、猿蟹合戦は江戸時代にあらわれた敵討ち物である。しかし、芥川はとてつもない解釈をした。

...