芥川龍之介

No Image

「偸盗(ちゅうとう)」とは芥川龍之介の作品。1917年4、7月に中央公論で掲載された。

あらすじ1

朱雀綾小路にて猪熊のばばに会う片目の侍「太郎」。羅生門の亥の刻に集合するよう頼んだ。
藤判官と青侍が4、5人。太郎た ...

芥川龍之介

No Image

「歯車」とは芥川龍之介の作品。1927年10月の文藝春秋に掲載された。
芥川龍之介の中で最も評価が高いとその道の人たちは言うが個人的に「クソつまらない」、「どう見ても自伝」という評価。

あらすじ1話「レエン・コオト」

芥川龍之介

No Image

「桃太郎」とは芥川龍之介の作品。1924年7月のサンデー毎日夏期特別号で掲載された。

解説最初に

まず言っておく。これは桃太郎と言うよりも「桃太郎の名を被った芥川の皮肉」と見た方がいい。「猿蟹合戦」と同じく原作無視の皮肉だ。 ...

芥川龍之介

No Image

「玄鶴山房(げんかくさんぼう)」とは芥川龍之介の作品。1927年1月~2月にかけて中央公論に掲載された。
ただし、1と2は1月1日、3~6は2月1日に掲載された。
全6話で構成される。

あらすじ1

芥川龍之介

No Image

「点鬼薄(てんきぼ)」とは芥川龍之介の作品。1926年10月1日の「改造」第八巻第十一号に掲載された。
小説というよりエッセイ。

解説

物語は「主人公は常に狂っている母親が嫌いで母は死に姉とともに引き取られて現在の主 ...

芥川龍之介

No Image

「一塊の土」とは芥川龍之介の作品。1924年1月に新潮で掲載された。

あらすじ

お住みの息子「仁太郎」は死別した。
仁太郎の葬式が終わり、仁太郎と結婚したお民と仁太郎の息子のことである。49日後にお民を別の男と結婚さ ...

芥川龍之介

No Image

「あばばばば」とは芥川龍之介の作品。1923年12月に中央公論で掲載された。

あらすじ

海軍学校からたばことマッチを売る店の主人を見知っている保吉。店のマッチを買ってくる子供も常連である。
マッチを買い次に来た時は亭 ...

芥川龍之介

No Image

「おしの」とは芥川龍之介の作品。1923年4月に中央公論で掲載された。

あらすじ

南蛮寺にて45、6歳の神父が一人いた。
一番ヶ瀬半兵衛の後家が来た。15歳となる息子の新之丞が大病を患い神父が医者で治療できると聞き来 ...

芥川龍之介

No Image

「雛」とは芥川龍之介の作品。1923年3月に中央公論で掲載された。

あらすじ

11月。これは老婆「お鶴」の話である。
当時15歳のお鶴は横浜にいるアメリカ人へ雛(ひな人形のこと)を売る言って出かけた話し。
お ...

芥川龍之介

No Image

「猿蟹合戦」とは芥川龍之介の作品。1923年3月に婦人公論で掲載された。
小説と言うよりもエッセイ。

解説

そもそも、猿蟹合戦は江戸時代にあらわれた敵討ち物である。しかし、芥川はとてつもない解釈をした。

...

芥川龍之介

No Image

「漱石山房の冬」とは芥川龍之介の作品。1923年1月のサンデー毎日で掲載された。
芥川の師匠である夏目漱石と実体験のような感じがする。

あらすじ

主人公、年少のW、旧友のMとともに先生の書斎へ行く。綿抜瓢一郎こと大学 ...

芥川龍之介

No Image
「六の宮の姫君」とは芥川龍之介の作品。1922年8月の表現にて掲載された。
全6話。

あらすじ1話

六の宮の父は古い宮腹の産れで、官位は兵部大輔。そして、六の宮の名前の由来は六の宮と言う土地から来ている。
甥の法師 ...

芥川龍之介

No Image
「仙人」とは芥川龍之介の作品。1916年8月に掲載された。
上中下に分かれる。

あらすじ上

5匹のネズミを使って商売する李小二(りしょうじ)がいた。子供には人気だったが歳も来て天気は風雪と最悪であった。。

一 ...

芥川龍之介

No Image

「おぎん」とは芥川龍之介の作品。1922年9月にて中央公論に掲載された。

あらすじ

元和、寛永より遠い昔。
浦上の山里村におぎんと言う少女が住んでいた。両親は大阪から長崎へ流浪しここにたどり着いたものの現在は個人。 ...

芥川龍之介

No Image

「魚河岸(うおがし)」とは芥川龍之介の作品。1922年8月の婦人公論にて掲載された。

あらすじ

去年の春の夜。風が寒い夜の9時であった魚河岸。
安吉、新人俳人として名をはせている露紫(ろさい)、洋画家の風中(ふうちゅ ...

芥川龍之介

No Image
「トロツコ」とは芥川龍之介の作品。1922年3月の大観に掲載された。

あらすじ

小田原熱海間に軽便鉄道施設の浩二が始まった。8歳の良平が見ものしていた。
3人がトロッコを押しても動かない。良平は侵入して怒られて逃げていった ...

芥川龍之介

No Image

「報恩記」とは芥川龍之介の作品。1922年4月の中央公論に掲載された。
全3話。

あらすじ1話「阿媽港甚内の話」

阿媽港甚内(あまかわいじんない)という伴天連出身の40年間も盗人をしていた男。
だが、呂宋助左 ...

芥川龍之介

No Image

「神神の微笑」とは芥川龍之介の作品。1922年1月に新小説で掲載された。

あらすじ

ある春の夕べである。
パアドレ・オルガンティノ(Padre Organtino)は南蛮寺にいた。寺にある植物に魅入られていた。

芥川龍之介

No Image

「藪の中」とは芥川龍之介の作品。1922年1月に「新潮」に掲載された。
全7話。
物語は検非違使が人々に話しを聞いて行く変わった形式をっている。

あらすじ1話「検非違使に問われたる木こりの物語」

木こりが検非 ...

芥川龍之介

No Image

「アグニの神」とは芥川龍之介の作品。1921年1~2月にかけて赤い鳥で掲載されていた。
全6話。

あらすじ1話

上海にある町。
家の二階でインド人の老婆とアメリカ人の商人が占いをしていた。アメリカ人は300ド ...