ルイス・キャロル

No Image

シルヴィ―とブルーノにおけるおかしい点は「アーサーの復活」かな。
アーサーが復活して万々歳と思うがアーサーの復活関して疑問がある。都合が良すぎる点がありあそこは余計だったのかと思ってしまう。
アーサーじゃなくその後のエ ...

ルイス・キャロル

No Image

「シルヴィ―とブルーノ」における最大の謎は読み手。
この人物はイラストが描かれておらず容姿は一切不明。
妖精と現実世界を行き来する力を持っており、交友関係は広い。しかも、貴族と仲がいいためかなり地位が高いと見える。だが ...

ルイス・キャロル

No Image

シルヴィ―とブルーノに取り上げられているテーマは非常に難しい。

1.愛の問題
これが物語の主軸となっている。金、宗教観、純粋な愛となっている。時折、宗教も入っているからキリスト教国だからしかたないか。

...

ルイス・キャロル

No Image

「かつらをかぶった雀蜂」とは鏡の国のアリスの8章で挿入される予定だった。
なぜ、削除されたのかと言えばイラスト担当のジョン・テニエルが「表現できない、面白くない」と言った結果、削除された。

存在は語られていたが原本 ...

ルイス・キャロル

No Image

不思議の国と鏡の国の二作品がある。どちらを最初に読むのかは知らない人からすれば迷う。
読了した者から言えば鏡の国から読んだ方がいい。
理由はストーリーがしっかりしているから。その点を踏まえてみれば鏡の国が読みやすい。 ...

ルイス・キャロル

No Image

原語版のアリスは「アリス」である。しかし、日本語版アリスには名前が変更されている。

1.美いちゃん(明治32年、長谷川天渓)
2.愛ちゃん(明治43年、丸山薄夜)
3.綾子さん(明治44年、丹羽五郎)

ルイス・キャロル

No Image

*主要人物
ブルーノ
妖精。
性格は悪く悪戯好き。単にブルーノと言っても反応せず「(人に呼び掛ける単語)+ブルーノ」がなければ反応する。
非常に文法が悪い。算数が苦手で歴史は得意。
二十五章で総 ...

ルイス・キャロル

No Image

「ファンタスマゴリア(Phantasmagoria)」とは1869年にルイス・キャロルが書いた詩。イラストはアーサー・B・フロスト。
全7章。

*あらすじ
冬のある晩、九時半にて主人公が小さな幽霊と遭遇した ...

ルイス・キャロル

No Image

「亀がアキレスに言ったこと(What the Tortoise Said to Achilles)」とは1895年にルイス・キャロルが書いた短編。
これはMindで掲載されたもので内容はアキレスと亀の対話。
この話に登 ...

ルイス・キャロル

No Image

「スナーク狩り」(The Hunting of the Snark)とは1876年にルイス・キャロルが書いた八章からなる詩。
挿絵担当ははヘンリー・ホリディ。

*あらすじ
これはスナーク狩りに参加するイギリ ...

ルイス・キャロル

No Image

不思議の国
「不思議の国のアリス」の舞台。住人は小動物やトランプが多い。
特徴は住人が狂っている。

鏡の国
「鏡の国のアリス」の舞台。白と赤のチェスが分かれて争っている。
文字は逆に読む必要 ...

ルイス・キャロル

No Image

巨大化する薬
登場:「不思議の国のアリス」
飲むと巨大化する。飲んだ人物だけでなく着ている服も大きくなる。

小さくなるセンス
登場:「不思議の国のアリス」
自分へあおぐと体が小さくなる。 ...

ルイス・キャロル

No Image

喋る花たち
登場:二章
オニユリ、ヒナユリ、バラ、スミレなどが喋る花畑の住人たち。お互いに仲が悪く言い争う。ただし、花畑に来たアリスといい話しができた。
赤の女王が近づいて来ることを察知するが、バラはアリスに反 ...

ルイス・キャロル

No Image

ライオンとユニコーンとは「鏡の国のアリス」に登場する二体の獣。
登場:七章
モデルはマザーグースの寓話。

*活躍
白の王の王冠をめぐり町で争い両者ともに87回ダウンする。この戦いは休憩10分間がとら ...

ルイス・キャロル

No Image

ハンプティ・ダンプティとは「鏡の国のアリス」に登場する人物。
元ネタはマザーグースの寓話。

登場:六章

*活躍
羊から買った卵が大きくなり顔があらわれて顔中にハンプティ・ダンプティと書かれた男と ...

ルイス・キャロル

No Image

トゥィードルダムとトゥィードルディーとは「鏡の国のアリス」に登場する二人。長いためダムとディーとする。
モデルはマザーグースの寓話から。

登場:四章

*活躍
森に住む二人の小男。外見、服装がよく ...

ルイス・キャロル

No Image

ジャバウォックとは「鏡の国のアリス」の第一章に登場する詩。これは詩に描かれた登場人物をしるす。
作中でアリスが白の王のメモ帳を読む。しかし、文字が逆さまで誰かが何かを殺したしかわからない。
六章でハンプティ・ダンプティ ...

ルイス・キャロル

No Image

「鏡の国のアリス」に登場する住人たち。白と赤に分かれておりそれぞれが争っておりなおかつ楽しんでいる。
アリスは白に属し八章にて白の女王をとなる。

*派閥
**白
白の王
登場:一章、七章 ...

ルイス・キャロル

No Image

ネズミ
登場:二章、三章
塩水を泳いでいたフランスネズミ。フランス語と英語がわかる。
極度の猫と犬が嫌いで低俗と見下し、猫が話題になると怯える。しかも、一族全員がそうだという。
アリスがネズミに猫のこと ...

ルイス・キャロル

No Image

三日月ウサギと帽子屋、ヤマネとは「不思議な国のアリス」に登場する人物たち。
それぞれの性格はトチ狂っている。
帽子屋と三日月ウサギは元々狂っているわけではなく女王のコンサートで狂ってしまった。ヤマネはわからん。 ...