夏目漱石ネタ

No Image

夏目漱石は千円札に選ばれた男として有名。しかも、ネットが発達していこうとしていた時期において夏目漱石の千円札を使い猫のアートが作られた(お金は大事にしろよ)。
現在は野口になっており夏目漱石を見かけなくなった。今、漱石の千円札 ...

夏目漱石ネタ

No Image

則天去私とは「私心を自然法則に従うこと」。夏目漱石はこの地に達したという。だが、見ていて「そうか?」と思ってしまう。
見た感じ自虐に走っている。特に道草が顕著で自虐ネタが多い。
「こころ」から則天去私になったというが「 ...

夏目漱石ネタ

No Image

下の四二で描かれた先生がKに向かっていったセリフ。Kが精神的に苦しみ先生に対してKがどうすればわからないとして言いより先生が止めを刺した。

「精神的に向上心のないものは、馬鹿だ」

「精神的に向上心のないものは、 ...

夏目漱石ネタ

No Image

正直、「こころ」の叔父さんは悪い人なのかと思うと首を傾げる。まあ、先生の両親の遺産の金を横領したり家を売ったりした。
悪質だが真っ当に育てたのは事実だ。多少なりともあっ旋したりと悪いことはしていない。
悪いこともしてい ...

夏目漱石ネタ

No Image

「こころ」の下における先生の遺書は非常に長い。と言うか長すぎる。
先生はこの遺書を主人公に向けて郵送した。ところが、あまりにも長すぎて本当に郵送でこれるほどの分量かと思ってしまう。
大きい封筒で送っただろうけどすごい分 ...

夏目漱石ネタ

No Image

漫画版「こころ」にある1シーンで起きたこと。先生が親友Kの墓の前で泣いている。普通に考えれば悲しいシーンと見える。はずだった。
Kの墓碑銘がおかしい。

「K」

そうKのままなのだ。墓にKと刻まれている。 ...

夏目漱石ネタ

No Image

夏目漱石は田舎者を嫌っていることで知られている。
「夢十夜」、「こころ」、「坊ちゃん」など田舎者を「教養が無い馬鹿者」と忌み嫌っている。しかし、夏目漱石も田舎者とあまり変わらない。
イギリスに行って「東京に帰りたい」と ...

夏目漱石作品

No Image

「明暗」とは夏目漱石の作品。1916年5月~12月にかけて朝日新聞で掲載された。
漱石が途中で死去したため未完で終わっている。

*あらすじ
**1~80(津田の入院まで)
医者に診断された津田由雄は ...

夏目漱石作品

No Image

「道草」とは夏目漱石の作品。1915年6月~9月にかけて朝日新聞で掲載された。

*あらすじ
※読んでて非常にとびとびな部分があり物語としてあまりなっていない部分が多いため注意。

東京を出て結婚した男「健 ...

夏目漱石作品

No Image

「こころ」とは夏目漱石の作品。1914年4月~8月にかけて朝日新聞で掲載された。
上中下の3部構成となっている。

*あらすじ
**上「先生と私」
若いころ書生だった「私」は鎌倉に住み先生と知り会う。 ...

夏目漱石作品

No Image

「彼岸過迄(ひがんすぎまで)」とは夏目漱石の作品。1912年1月~4月にかけて朝日新聞で掲載された。7つの短編からなる。
漱石曰く「去年8月に連載すべきだったが、病気を患いのびた」とのこと。

*あらすじ
* ...

夏目漱石作品

No Image

「行人(こうじん)」とは夏目漱石の作品。1912年12月~1913年11月にかけて朝日新聞で掲載された。

*あらすじ
**友達
東京在住の主人公「長野二郎」は岡田家へ遊びに行き岡田とお兼と会話していた。だが ...

夏目漱石作品

No Image

「永日小品」とは夏目漱石が1909年1月~3月の朝日新聞で掲載された作品。四篇に収録。

*概要
全24章で構成される短編集で夏目漱石が生きたことをモデルにして書いた作品が多くある。

1.元旦
2 ...

夏目漱石作品

No Image

「文鳥」とは1908年6月13日~21にちかけて大阪朝日新聞、ホトトギスの明治41年(1908年)10月号に掲載された夏目漱石の作品。
四篇に収録。

*あらすじ
10月にて早稲田にうつった主人公。友人の三重 ...

夏目漱石作品

No Image

「薤露行(かいろこう)」とは夏目漱石が1905年9月に中央公論で掲載された作品。漾虚集に収録。
アーサー王物語の「アーサー王の死」を題材としている。ただし、漱石はランスロットとギネヴィアを悪く思っており書き直している。 ...

夏目漱石作品

No Image

「幻影の盾(まぼろしのたて)」とは1905年4月「ホトトギス」に掲載された夏目漱石の作品。漾虚集に収録されていた。
モデルは「アーサー王物語」、「北欧神話」。ところどころ今の視点で見ると「おかしい」と思う箇所が見受けられる。 ...

夏目漱石作品

No Image

「趣味の遺伝」とは帝国文学の1906年1月に掲載された夏目漱石の作品。漾虚集に収録。

*あらすじ
日露戦争から凱旋してきた軍人たち。将軍や他の者たちと新橋で凱旋しているさなか、群衆の中に軍曹と軍曹の母を見て亡き友「 ...

夏目漱石作品

No Image

「一夜」とは1905年4月にて夏目漱石が中央公論で掲載された作品。漾虚集に収録。

*あらすじ
どういったわけなのか八畳の屋敷に3人が来た。髭のある人、髭のない人、涼しき眼の女が来た。3人はなぜか来たのだ。

夏目漱石作品

No Image

「琴のそら音」とは夏目漱石が1905年5月にて「七人」で掲載された作品。漾虚集に収録。

*あらすじ
津田が白山御殿町の下宿にいる靖雄の部屋に来た。靖雄と津田は幽霊の話で盛り上がっていたが、靖雄は自分の身の上を話す。 ...

夏目漱石作品

No Image

「倫敦塔(ろんどんとう)」とは1905年1月に帝国文学にて夏目漱石が掲載された作品。漾虚集に収録。

*あらすじ
これは一人称「余」の視点で始まる物語。
余は二年の留学中で一度だけ倫敦塔を見物した。かつてここ ...