夏目漱石ネタ

No Image

夏目漱石は千円札に選ばれた男として有名。しかも、ネットが発達していこうとしていた時期において夏目漱石の千円札を使い猫のアートが作られた(お金は大事にしろよ)。
現在は野口になっており夏目漱石を見かけなくなった。今、漱石の千円札 ...

夏目漱石ネタ

No Image

則天去私とは「私心を自然法則に従うこと」。夏目漱石はこの地に達したという。だが、見ていて「そうか?」と思ってしまう。
見た感じ自虐に走っている。特に道草が顕著で自虐ネタが多い。
「こころ」から則天去私になったというが「 ...

夏目漱石ネタ

No Image

下の四二で描かれた先生がKに向かっていったセリフ。Kが精神的に苦しみ先生に対してKがどうすればわからないとして言いより先生が止めを刺した。

「精神的に向上心のないものは、馬鹿だ」

「精神的に向上心のないものは、 ...

夏目漱石ネタ

No Image

正直、「こころ」の叔父さんは悪い人なのかと思うと首を傾げる。まあ、先生の両親の遺産の金を横領したり家を売ったりした。
悪質だが真っ当に育てたのは事実だ。多少なりともあっ旋したりと悪いことはしていない。
悪いこともしてい ...

夏目漱石ネタ

No Image

「こころ」の下における先生の遺書は非常に長い。と言うか長すぎる。
先生はこの遺書を主人公に向けて郵送した。ところが、あまりにも長すぎて本当に郵送でこれるほどの分量かと思ってしまう。
大きい封筒で送っただろうけどすごい分 ...

夏目漱石ネタ

No Image

漫画版「こころ」にある1シーンで起きたこと。先生が親友Kの墓の前で泣いている。普通に考えれば悲しいシーンと見える。はずだった。
Kの墓碑銘がおかしい。

「K」

そうKのままなのだ。墓にKと刻まれている。 ...

夏目漱石ネタ

No Image

夏目漱石は田舎者を嫌っていることで知られている。
「夢十夜」、「こころ」、「坊ちゃん」など田舎者を「教養が無い馬鹿者」と忌み嫌っている。しかし、夏目漱石も田舎者とあまり変わらない。
イギリスに行って「東京に帰りたい」と ...

夏目漱石ネタ

No Image

「こころ」、「明暗」、「それから」、「虞美人草」、「薤露行 」、「三四郎」、「趣味の遺伝 」、「琴のそら音」、「幻影の盾」計9つの作品は「恋愛および男女間の愛に関するテーマを題材にしている」。
読了して思ったのが夏目漱石が恋愛 ...

夏目漱石ネタ

No Image

*登場よび所属している家
登場:「吾輩は猫である」、「坊っちゃん」、「門」、「彼岸岸迄」

「吾輩は猫である」:珍野家の使用人。
「坊っちゃん」:主人公の家の使用人。
「門」:野中家の使用人。