カードゲーム

No Image
概要

TCGには面白い流れがある。TCGにはそれぞれ、変わった流れを持ちそれぞれが違う流れがある。

流れMTG

親:MTG
子:デュエマ
孫:WIXOS

他:遊戯王、ポケモン、バトスピ
特に ...

デュエルマスターズネタ

No Image
概要

日本でMTGよりデュエマが受けたのを考える。おそらくわかりやすくしたカードのデザインと馴染みのあるイラストかな。
おどおどしたイラストよりもスカッとしたイラストのほうが受けが良かったのかのもあったしMTGのカードの知識やコ ...

デュエルマスターズネタ

No Image
四色カードが何故出ないのか考える。四色カードが出ると考えれるのはなんでもできるからだろう。5色だとマナとして使えないのに対して四色は使える可能性を秘めている。そのため、製作は作るのを拒んでいるかもしれない。
出れば強力だが環境を帰る ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

堕天使は海外だと「Darklord(ダークロード)」とされる。ダークロードになると「暗黒卿」を意味しているが、これはこれでかっこいいと思う。
しかし、宗教上の関係で変更されたのは無理もないか。これはこれでいいがな。 ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

ルシファーには3体のルシファーが存在する。一人除いて後は元ネタ通り優秀な力を持つ。残りの一人は厄介だがどうにかすれば使えるともうよ……たぶん。

一覧

1.堕天使ルシフェル:カッコイイ
2.ナース-レフィキュル:美 ...

カードゲーム

No Image
概要

世の中、環境に左右されずデッキを作る人がいる。それはいいことだ。別に個人としてなんらおかしくない。
しかし、プライドなのかそういう性分なのかわからないが、負けたくないという感情がある。負けたくない感情が強すぎてどうしても勝 ...

デュエルマスターズネタ

No Image
概要

ナイトの恩恵を受けれる種族が2種類存在する。

1.ファンキー・ナイトメア(ファンキー・“ナイト”メア)
2.ダーク・ナイトメア(ダーク・“ナイト”メア)

ナイトがついているので恩恵をうけることが可能 ...

デュエルマスターズネタ

No Image
概要

温泉旅行とはプレミアム殿堂入り(禁止カード)のことをさす。なぜ、こうなったのかというとボルバルザークの新規イラストが温泉に入っているので温泉旅行がうまれた。その結果、禁止カードが決まったものを「温泉行き」になる。
なんとま ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

遊戯王ARC-Vでそれはどうよと思うこと。レベル低いモンスター雑魚扱いというとんでも論。
これは低レベルモンスターを使ってシンクロにつなげるシンクロ次元で起きた出来事。

きっかけ

サムがジャックから調律の魔術師( ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

遊矢がきどってやるものがある。正直見ていて痛い。カットピング、ガッチャはまだ許容範囲だった。
でも、レディースアンドジェントルマンの下りからのやつはやばい。見ていて寒気が出るし「こいつ本当に主人公なのかと首を傾げる」。

遊戯王ネタ

No Image
概要

5D’sで最も置き去りにされている設定。ディマクはどうなった?
経歴が謎に包まれており最後まで不明のままに終わったディマク。わかることはマーカーがつけられていることで過去に犯罪を犯している、デュエルモンスターの ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

常時フィールド魔法とはアニメで登場する「強制でフィールド魔法が張られること」。王国編における特殊なフィールド、ゼアルのサルガッソ、ライディングデュエルのスピード・ワールド、アクションデュエルのアクションフィールド。これらにより専用 ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

海馬スペシャルルールとはLP2000でやる俺ルール。と言うか、単にライフを下げただけのルール。特殊らしい特殊はほぼなくライフポイントが下がっただけで後は同じということ。
まあ、このルールの利点は早く相手を倒せること。力押し ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

衝撃の拘束剣とは遊戯王ARC-Vの129話に登場する罠カードでどれだけ脚本にとって都合のいい妨害カードの象徴である。
これはあたから見たら普通の罠カードだがすさまじいクソカードである。
手札をすべて捨てて発動する。 ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

遊戯王ARC-Vに登場した最強のロックデッキ使いバレット。遊矢に勝利し輝かしい成績を持つ。
崩すこと不可能なロックを構築しぶっちゃけ「こいつが出ればズァークを倒せるんじゃね?」と思ってしまう。誰だってそうだ。完璧なロックデ ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

デュエマでは闇使いならデーモンハンド、水ならアクア・サーファーかスパイラル・ゲート、光ならスーパースパーク、自然なら父なる大地。と、汎用性の高いカードを使うのが普通である。
これは世相どころか常識的な部分もあり帰って幅広い ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

オベリスクフォースの基本デッキはバーンであり3人で行きバーンで相手を攻める。まあ、言ったら5D’sのクラッシュタウン編にあった遊星対3人であったあからさま詰め込みやったような感じの戦い方だ。
命の取り合いだが多 ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

サイファーとは天城カイトが使うテーマ。なのだがエドはD-HERO、クロウはブラックフェザー、ジャックはレッド・デーモンズを使っているさなかなぜかカイトだけサイファー。
本来ならフォトンになっているはずなのにどういうわけかサ ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

ARC-Vはニコ生で最低が多いことが残る。と言うかくだらない脚本を書きそれで放送している。面白くなりそうじゃないのかと思ったら斜め行く行動に出るため最低を記録していく。
60~70%と過半数を超える。
止まらぬ最低 ...

遊戯王ネタ

No Image
概要

生贄次元とはリリースを中心とした次元。ARC-Vでは存在しない。
デュエルの中で今は遅いと言われるリリースを中心としたもの。まあ、融合やエクシーズ、シンクロと比べれば弱いのは事実。
しかし、召喚方法としてちゃんと確 ...