百人一首

No Image

「ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なおあまりある むかしなりけり」
意味は「宮中の古びた軒から忍ぶにもあまりまるほど古き良き時代だ」。
順徳天皇(1197-1242)とは鎌倉時代の人物で84代目天皇。

百人一首

No Image

「ひともおし ひともうらめし あじきなく よをおもうゆえに ものをもうみは」
意味は「人を愛し、人を恨めし面白くない世の中だ思い私は悩む」。
後鳥羽院(1180-1239)とは平安時代、鎌倉時代の人物で第82代天皇。 ...

百人一首

No Image

「かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは みそぎぞなつの しるしなりける」
意味は「風がそよそよと音を立てならの小川の夕暮れは六月祓(みなづきばらえ)は夏のしるしなり」。
藤原家隆(ふじわらのいえたかorかりゅう、11 ...

百人一首

No Image

「こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに やくやもしおの みもこがれつつ」
意味は「来ない人を松帆の浦の夕凪の時に焼くやも塩の身も焦がれて行く」。
藤原定家(ふじわらさだいえ、1162-1241)とは鎌倉時代に活躍した ...

百人一首

No Image

「はなさそう あらしのにわの ゆきならで ふりゆくものは わがみなりけり」
意味は「桜の花が誘い嵐が吹く庭に雪が降り行き老いるのは私自身だろう」。
西園寺公経(さいおんじきんつね、1171-1244)とは平安時代、鎌倉 ...

百人一首

No Image

「おおけなく うきよのたみに おおうかな わがたつそまに すみぞめのそで」
意味は「身の程知らずだが、つらき世を生きる民に覆うことが比叡山に私の墨染めの袖であろう」。
慈円(じえん、1155-1225)とは平安時代、鎌 ...

百人一首

No Image

「みよしのの やまのあきかぜ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり」
意味は「美しき吉野の山に吹く秋風は夜がふけて古都は寒く衣でさぬたを叩く」。
飛鳥井雅経(あすかいまさつね、1170-1221)とは平安時代、鎌 ...

百人一首

No Image

「よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのおぶねの つなでかなしも」
意味は「世の中は永遠に変わってほしくない、波打ち際の漁師の船が綱を陸から引き心が動かされる
」。
源実朝(みなもとのさねとも、1192 ...

百人一首

No Image

「わがそでは しおひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし」
意味は「私の袖は引き潮で見えぬ沖の石と同じで人に知られぬ乾く間もない」。
二条院讃岐(にじょういんさぬき、?-?)とは平安時代、鎌倉時代の人 ...

百人一首

No Image

「きりぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねん」
意味は「こおろぎが鳴く、霜が降る夜にむしろの衣の片袖で一人ねるだろう」。
九条良経(くじょうよしつね、1169-1206)とは平安時代、鎌倉時 ...

百人一首

No Image

「みせばやな おじまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはかわらず」
意味は「見せたいものはありますが、雄島の漁師の袖すら濡れて行くも色は変わらない」。
殷富門院大輔(いんぷもんいんのたいふ、?-?)とは平安時代 ...

百人一首

No Image

「たまのおよ たえなばたえね ながらえば しのぶることの よわりもぞする」
意味は「私の命が絶えしまうのなら絶えてしまうのがよく、長く生きても堪え忍ぶ心が弱るから」。
式子内親王(1149-1201)とは平安時代の人物 ...

百人一首

No Image

「なにわえの あしのかりねの ひとよゆえ みをつくしてや こいわたるべき」
意味は「難波の入江にあるかりとった根で仮寝しようと身を尽くしたが恋が続くだろうか」。
皇嘉門院別当(こうかもんいんべんおべっとう、?-?)とは ...

百人一首

No Image

「むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆうぐれ」
意味は「にわか雨の露が乾かず杉の葉から霧がわき秋の夕暮れであろう」。
寂蓮(じゃくれん、?-1202)とは平安時代、鎌倉時代の人物。

百人一首

No Image

「なげけとて つきやはものを おもはする かこちがおなる わがなみだかな」
意味は「嘆いて、月は物を思わせるが、他人のこととする我が涙か」。
西行(1118-1190)とは平安、鎌倉時代の人物。
本名「佐藤義清 ...

百人一首

No Image

「よもすがら ものおもうころは あけやらで ねやのひまさえ つれなかりけり」
意味は「一晩中に物を思う頃、夜が明けて寝室の隙間が冷たい」。
俊恵(しゅんえ、1113-?)とは平安時代の人物。僧侶。

百人一首

No Image

「ながらえば またこのごろや しのばれん うしとみしよぞ いまはこいしき」
意味は「長く生きれば、辛いことがあって思いだし、辛いこともあったことが恋しく思う」。
藤原清輔(ふじわらのきよすけ、1104-1177)とは平 ...

百人一首

No Image

「よのなかよ みちこそなけれ おもいいる やまのおくにも しかぞなくなる」
意味は「世の中には手に入れる手段こそなければ、思いつめて山奥に鹿の声が聞こえる」。恋の歌らしい。
藤原俊成(ふじわらのとしなりorしゅんぜい、 ...

百人一首

No Image

「おもいわび さてもいのちは あるものを うきにたえぬは なみだなりけり」
意味は「思い続けて、それでも命はあるものの辛く耐え抜けず涙が出た」。
藤原敦頼(1090-?)とは平安時代の人物。
官位は従五位上・右 ...

百人一首

No Image

「ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる」
意味は「ホトトギスが鳴いた方向に眺めれば、夜が明けて残る月がある」。
徳大寺実定(とくだいじさねさだ、1139-1192)とは平安時代の人物。 ...