時代劇

No Image
黄門様は印籠を見せて相手を黙らせる。これは、前副将軍の地位にいたからそのバックアップを受けて悪党たちをひざまずかせているだろう。
ただし、公家には別である。水戸黄門と言えど階級は中納言。それより上になると助けが必要になる。公家の世界 ...

時代劇

No Image
黄門様がいつも言っているおかげなのか「助さん」、「格さん」しか言っていないため本名があまり覚えられない。OPとかで字幕で表示されるけど真面目に見ていない人がいるからそっちのけで覚えている。
で、助さんと格さんの本名は「佐々木助三郎」 ...

時代劇

No Image

概要

一条三位のZIPをよこせとは一条三位のAAが貼られてZIPをよこせとねだりする。それも高圧的に。
非常に高圧的な態度をとることが良かったのか、人気が出て種類豊富なAAが登場する。
それにしても、本当は水戸黄門に土下 ...

時代劇

No Image
普通、あの時代に薩摩へ行くのは無理がある。どんだけ移動にかかると思ってんだよ。あんなに距離があったら厄介だぞ。
しまいには何かしでかしている可能性がありぎる。あまりにも非現実すぎるからどうかなと思ってしまう。

時代劇

No Image
考えてみれば旅のお供は幕府関係者ばかり。のはずだ。
今じゃあ昔は敵だった人物もいる。お銀、八兵衛がそれである。敵が仲間になるのはある意味すごいな。
あの時代、普通は切腹レベルだけど仲間にするのはよっぽどだ。

時代劇

No Image
水戸黄門のアニメがある。普通に考えて水戸黄門のアニメがあるのなら水戸黄門が主役と思われるだろう。違うよ。
格さんと助さんが主役。水戸黄門は空気と言ってもいいレベル。それじゃあ、水戸黄門じゃなくて何か別のアニメになっているんじゃないの ...

時代劇

No Image
水戸黄門の旅は遠いところで鎌倉である。これは、交通機関があまり整備されていないからだろう。今だったらどこにでも行ける。昔は違う。
ドラマでは薩摩に行ったり京都に行ったりと歴史と違うことになっている。そこまで脚力がある黄門様は異常だと ...

時代劇

No Image
水戸黄門ではよく印籠を見せて「この紋所が目に入らぬか!!」と言って悪党をひれ伏せることをする。
しかし、印籠使い方としては間違っている。あれは、薬を携帯するためのもので人に見せつける物ではない。つまり、薬が入った物をとりあえず見せて ...

時代劇

No Image

幕末もので土佐藩(主に坂本龍馬が)、薩摩藩(主に西郷。時々、大久保やその他)は方言を特徴的な喋る。しかし、長州藩は特徴的ではない。
高杉、木戸や伊藤が標準で喋っている作品が多い。というか方言使っている倒幕派の中で違和感がある。何かあ ...

時代劇

No Image
山吹色のおかしとは、悪代官と悪徳商人が出す賄賂の隠語。小判である。
時代劇で言われる言葉だが、実際はわからん。
田沼意次が「山吹色のおかしですぞ」と言って相手に金を渡したのかは不明。
現実には食べられる「山吹色のおか ...

時代劇

No Image

暴れん坊将軍の主人公徳川吉宗は偽名を使って外に出る。で、気になることがある。
吉宗の行動範囲は江戸だが、顔は知られている。だって、将軍だろ。しないやつはそういない。水戸黄門のような遠くにわけでもないし、江戸は近場じゃないか。

時代劇

No Image

「新五捕物帳」という時代劇がある
主人公新五が登場する。
この主人公の特徴は悪党を殴る。とにかく殴る。
見ていると必殺仕事人とは違うものを感じる。何と言うか、生々しい。殺しはせん。
話もかなりドロドロとしてい ...

時代劇

No Image

概要

登場する人物には印篭を見せても意味がない人物が登場する。それについて説明する。

一覧私利私欲

金、出世のために光圀邪魔だから消そうとする人たち。殺し後は、隠蔽するらしい。ばれた後が大変だ。
印籠を見ても殺しにかか ...