キリスト教

No Image
獣やサタンに打ち勝ちキリスト教徒が手にする千年も続くとされる国家。本当に続くのかわからないが千年も続いている国はあるな。
日本だ。
日本は千年も続いているし他の国家と比べて海があるため侵略されることはほぼない。大陸は陸続きな ...

キリスト教

No Image
謎ばっかりがありすぎるヨハネの黙示録。日本ぽい、ローマぽい、アメリカぽいととにかく「それっぽい」のが多い。そして、確証はない。
謎な言葉が多くちりばめられ一見すればカッコイイがあたからみれば「どういう意味なの?」になる。それゆにヨハ ...

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録は世紀末や悪魔もので登場するネタだ。90年代以前から多く使われておりこれはノストラダムスの予言に起因する現象だ。ただし、ノストラダムスの予言が違うことを知ったからには効力が失せた。
まあ、どういうものになるのかわからな ...

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録はローマ帝国の時代に起きていた説がある。これは666はネロをさしている理由。ただし、ネロが死んでも変わらず何百年も経たないと変わらなかった。変わってもローマ帝国よりも最悪の時代が到来して「科学否定」、「停滞主義」とまさに人類を ...

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録は現代と言う説がある。これはヨハネの黙示録に書かれた生物や技術が現代の技術に近いことを指している(例:バーコード、海の汚染、核兵器など)。これにより現代と思われる説もある。
ただし、現代と言っても本当にそうなのかわから ...

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録にある獣の数字「666」は616だった説が存在する。
これはオクシリンコス・パピルスの解析で判明されたことで666よりも616と読めることがあるため。ただ、666の可能性があるとして否定する人もいる。
666な ...

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録を書いた人物はヨハネとされている。しかし、これはイエスの弟子の一人ヨハネなのか別の人物かは定かでない。
そもそも、ヨハネがどういうわけで書いたのか不明。意図のもわからない。
それに、ヨハネと言う人物が本当に書い ...

キリスト教

No Image
メギドの丘とは19章で行われるとされるハルマゲドンの戦場。現実にも存在する。そこはかつてメギドの戦いと呼ばれる戦いが起きており戦場があったのは確か。
ここで何が起きるのか不明。

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録に登場した人物たち。
女は太陽を着て、足の下に月を踏み、頭に12の星の冠を被った。男の子を身ごもっており産みの苦しみにより耐えられない。
鷹は女を助けるために登場する。
赤い竜が殺害しようと試みたが逃げ ...

キリスト教

No Image
概要

七つのラッパとはヨハネの黙示録に登場するラッパで8章~11章に登場する。
これは七つの封印の最後の封印が解放されラッパは七人の天使に渡りラッパを吹く。
三分の一を強調している。

内容

1.血の混じった雹と ...

キリスト教

No Image
概要

七つの封印とはヨハネの黙示録に登場する言葉。6~8章に登場する。
子羊たちが解放し指し余に騎士たちが解放される。
解放し終わると天使が七つのラッパを持ち七つのラッパへ移る。

内容

1.白い馬に乗った冠を被 ...

キリスト教

No Image
概要

七つの教会とはヨハネの黙示録に登場する教会。2、3章で語られている。
一章で天使が持つ七つの星がありこれは教会の御使、七つの燭台は教会でそれぞれメッセージを遺す。

一覧エペソ

右手に七つの星を持つ天使が言った。 ...

キリスト教

No Image
最後の警告文とは22章に掲載されている警告文。これはヨハネの黙示録にある言葉を1つでも削り取ると禍が起きるということ。これにより、後にある山分けに参加できる資格をはく奪される。
それにしても警告文を乗せてまで注意を呼びかけるとは相当 ...

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録にはしきりに7が強調されている。丘、教会、封印、ラッパ、鉢とそれぞれ7つである。どうしてここまで7を強調するのか意図は不明。
5つも同じ数字が出たからには意味があるだろう。

キリスト教

No Image
概要

アバドンとはヨハネの黙示録に登場する人物。9章に登場する。
外見は馬に似た金の冠をかぶり、翼と蠍の尾を持つ。イナゴの群れを率いて人々に五か月間の苦しみを与える。
と見ればあきらかに天使側の人物と見るのが普通。そもそ ...

キリスト教

No Image
概要

四人の騎士とはヨハネの黙示録に登場する人物。6章にて登場する。
七つの封印の1~4を解放してあらわれてそれぞれが司ることを始める。

メンバー白い馬

冠を被った人物が載っている。勝利の上に勝利を得ようとしている。 ...

キリスト教

No Image
小羊とはキリスト教で使われている民衆への言葉。これはヨハネの黙示録、ヨハネによる福音書から出されている。
小羊とはおそらく「獣にまったく勝てない民衆」をさすからだろう。羊は弱く狼に負かされることがある。ゆえに小羊だ。

キリスト教

No Image
ヨハネの黙示録13章に語られた獣。羊のような2つの角を持ち龍のように物を言う。
人々を惑わし10の頭を持つ獣の像(最後に2本角が息を吹きかけ喋らせる)を造ることを命令し崇拝させるよう強制させる。
はむかった場合は殺される。こ ...

キリスト教

No Image

獣の王とはヨハネの黙示録に登場する獣。13章に語られる。
海か上り角が10本、頭は7つ、角には王冠がありそれぞれの頭には神を汚すながついていた。顔は豹で足は熊、口は獅子。
赤い竜は自分と同じ地位と大いなる権威を与えた。 ...

キリスト教

No Image
概要

大バビロンとはヨハネの黙示録に登場する人物。17、18章に登場する。
赤い衣をまとい金と宝石と真珠をかざっておりみだらで満ちた黄金の杯を持つ。七つの頭と十の角を持ち神の名を汚す名で覆われた赤い獣に乗る。
地の王たち ...