ユダヤ教

No Image

塩の柱とは創世記19章に登場するロトの妻がなったもの。
ロト一家は神の使いから「ソドムとゴモラが滅ぼされるから逃げろ。ただし、逃げている最中に振り返るな」と警告する。ロトの妻は振り返ってしまい塩の柱となった。
なぜ、塩 ...

ユダヤ教

No Image

旧約聖書に登場する大洪水。神は世界中の人間の怠惰にブチギレて大洪水を起こして一掃することにした。これによりノア一家と方舟に乗った動物たちは助かった。
しかし、大洪水の話が他にもある。世界各地に大洪水の話が多く存在しギルガメッシ ...

ユダヤ教

No Image

アダムとイブは禁じられたリンゴを口にしてしまい楽園を追放されてしまった。で、追放後が描かれていない。二人は追放された後はなにをしていたのかよくわからないが1ついえることは子孫を繁栄させたぐらいだろう。
それ以外は全く分からずこ ...

ユダヤ教

No Image

*概要
旧約聖書の創世記を見る限り神は地球を作る以前にどこから来たと思われる。地球を作り上げ終わった後は休んだ。
気になるのは以前何をしていたことだ。
何かをしていたからここへ来たのだから何をしていたのだろう? ...

ユダヤ教

No Image

契約の箱を見て思ったけどなんかみこしに見えるのは気のせいか? だって、数人で持つ部分やそれを担いでいるのがどうもそうにしか見えない。と言うかこれ神輿以外何物なんだ?
契約の箱はどこにいったのかわからないがなぜキリスト教圏には神 ...

ユダヤ教

No Image

マナを納めた金の壺とはマナが入った金色の壺のこと。契約の箱に入った宝の1つ。マナとはヘブライ語で「これは何だろう」とよくわからないことをさしているらしく何らかの食べ物を入れたことになる。
くさるのかどうかわからない。 ...

ユダヤ教

No Image

十戒を記した石版とは有名なモーゼの十戒を記した石版のことである。契約の箱に入っているとされる。
石版のみ杖、壺と違いソロモンの時代からあったとされる。その後は箱ごと紛失した。この石版に何か重要なことがあるのかよくわからないが杖 ...

ユダヤ教

No Image

*概要

アロンの杖とはモーセと兄のアロンが使った杖でおもに出エジプトで使われた。使えば強力な力を使わせる。

*十の災い

モーゼが使った災いと一覧

1.ナイル川が赤くなり魚が大量に死亡。

ユダヤ教

No Image

*概要
契約の箱とは旧約聖書に登場する箱。モーセが神の指示を受けて製作。
材料はアカシアの木、長さは130cm、幅80cm。足がつけられており2本の棒があって持ち運びしやすいようになっている。
純金に覆われて2 ...

ユダヤ教

No Image

ダニエルの書7章における文章を見ると黙示録のような壮大さはないと考えられる。黙示録は長くそれから千年王国やら何やらでやたらと忙しい。
ダニエルの書は何かが出てきて打ち倒されるのがわかる。ダニエルの書はあくまでバビロン~ローマ帝 ...

ユダヤ教

No Image

書かれた時期はバビロニアに捕囚されていた時。これはバビロニアにユダヤ人たちが捕囚された時期である。
ダニエルはバビロニアの王ネブカドネツァル世に実力を評価され重用されることになりダニエルの書を書いた。ある意味でダニエルは国王を ...

ユダヤ教

No Image

ダニエルの書は少し変わっている部分がある。それは2章4節~7章28節がアラム語でそれ以外はヘブライ語で構成されていること。
なんというか、最初はユダヤ人らしくヘブライ語を使っていたが途中でバビロニアの言葉になった。途中で変わる ...

ユダヤ教

No Image

ダニエルの書に書かれている予言の適用範囲は考えるにローマ帝国崩壊までと思われる。その理由は現在の世界にとても適用されない部分があり現代の予言ではないと思われる。
そのため、ローマ帝国が存在した時代ならわかるにしても現代では何の ...

ユダヤ教

No Image

捕まえる前のダニエルは何をしていた? そもそもダニエルはネブカドネザルに要職をつけさせるほどの実力者だから知識人なのはたしかだろうし古代のことを考えれば血筋も重要になるからそれなりの血筋を持っていたかもしれない。
推論ばかりだ ...

ユダヤ教

No Image

*概要
8章に登場したウライ川にいた2頭。雄羊は東を除いてあらゆる方向へ向かう。
目立つ一本の角を持つ雄やぎは西からやってきて雄羊を倒し角を追った。しかし、強くなるにつれて角が俺て天の四方に四本の角が生えた。

ユダヤ教

No Image

ダニエルの書9章に登場するエレミヤの預言。エレミヤはエルサレムの後輩が終わるまでの年数は70年としバビロンに仕えると予言した。
これは、バビロン捕囚について予言しているらしいな。確かにユダヤ人にとって最も苦い思い出バビロン捕囚 ...

ユダヤ教

No Image

ダニエルが見た夢に登場した巨人の像。二章に登場する。
顔は純金、胸と両腕は銀、腹とももは青銅、すねは鉄、足の一部は鉄と粘土。これらは国の特徴をあらわしているらしい。ダニエルの解釈はこれ。

1.金:バビロン

ユダヤ教

No Image

ダニエルの書に登場する海か上がった第四の獣。7章に登場。
他の獣と一線を画しており牙は鉄、爪は青銅、食らい砕き残りは足で潰す。10本があり目と口がある角があらわれて三本の角を倒し大きなことを語り他の角より大きい。
いと ...

ユダヤ教

No Image

ダニエルの書に登場した第三の獣。四つの豹の頭に四つの翼を持つ。7章に登場。
突然、あらわれて主権を与えられた。
これは、ギリシャの登場と分裂をあらわしている。アレクサンダー大王率いるギリシャが他国を制圧し4つの王朝に分 ...

ユダヤ教

No Image

ダニエルの書に登場した海から上がった第二の獣。7章に登場。
横ざまに寝ており口きばの間に三本の肋骨がある。「起き上がり多くの肉を食らえ」と声がかかると起きた。
ペルシャ、バビロン、メディアを指すと言われている。熊で大量 ...