ゴルゴ13人物

No Image

登場:セクシー・タイガー
酒場にいた娼婦。化粧がいようにケバイ。ゴルゴに会い誘うが断られた。ゴルゴがゴキブリの入った飲みの物を飲んで周りがドン引きしてしまいその場を何とか和ませた。
で、サリーなのだが女に全く見えない。 ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:死の翼ふれるべし
ラスル一族のもので盗掘王。現在は病に倒れている。
自分の一族を誇り高く思っており自身を「様付け」で言ったりする。
ゴルゴに「ありがとう」と言われた男。おそらく自分の生きざ ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:統計解析射撃
石油会社にして「帝国」の異名を持つ。テキサス石油所属でダグラスに拠点を置く。
テキサス石油に害をなすとしてケネディを暗殺。
実行機関と呼ばれるハミルトン石油に害をなす存在を消 ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:アラスカ工作員、鎮魂歌に牙を、リオの葬送、ナチス鉤十字は錆びず、ラ・カルナバル
科学者ワルター・フォン・オーベルトが率いるネオナチ。
世界制覇の資金を欲しアメリカのニューヨーク、イギリスのロンドン ...

ゴルゴ13人物

No Image

登場:テレパス
ゴルゴにゴドノフの狙撃を依頼したCIAの職員。かなり偉い位置にいるらしい。
2度もゴドノフの暗殺を計画したが失敗し尾行していたCIA局員が死亡したりする。ゴルゴに依頼したもののゴルゴが失敗して驚き慌てた ...

ゴルゴ13人物

No Image

登場:ビッグ・セイフ作戦
ゴルゴに最初抱かれた女にしてゴルゴの次に登場した人物。つまり、二人目の登場人物だ。
ゴルゴに近づこうとしたが背後を振り向かれぶたれた。
その時の叫び声はすごく「ぎゃーーーーーー」と断末 ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:鬼畜の宴
黒人の殺し屋でゴルゴが一目置いている実力者。天涯孤独で親兄弟はいない。
コンゴ動乱でゲリラの隊長として戦いその時から「スパルタカス」と名乗っている(動乱に参加していた傭兵曰く「骨があった ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:激怒の大地
本名「ギル・マウロビン」で殺し屋。ビセンテ・ヨーク殺害のためにCIAに雇われた。
今まで多くの殺し屋が登場した中でゴルゴが「大物」と認める。

*華やかしい戦歴
1. ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:スタジアムに血を流して
アメリカに住む青年。姉にアンジェラがおりアンジェラを拾ったニックにはたびたび世話となっている。
大学の成績はずば抜け、オリンピックのシルエット協議では世界記録をマークしてい ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:沸騰、沸騰第四帝国、崩壊第四帝国狼の巣
ネオナチ最大勢力を誇る組織。南米に拠点を置いている。
本拠地はブエノスアイレスの狼の巣(「沸騰第四帝国」ではパラグアイの首都アスンシオンと思わせる描写をして ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:アラスカ工作員
KGB特別工作第9課所属の非合法工作員。本名「エコライ・エフゲネウィッチ・イエスホブ」。
世界を股にかける実力を持ちアラスカにあったCIAの基地を一人で全滅させた。
シベリ ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:南仏海岸
盲目の殺し屋。盲導犬のケンタウロス(30mも潜行可能な強力な犬)を連れている。
銃の腕に関しては初期ゴルゴの中でも随一の実力者。一対一の戦いでゴルゴが汗をかきイクシオンは余裕の表情とゴル ...

ゴルゴ13人物

No Image

登場:最終暗号
NSA長官でユダヤ人。高い暗号解読をする技術を持つ。かなりの嫌われ者で政府用人や諸外国の人間から嫌われている。
NSAの盗聴システムを駆使して部隊「狼の群れ」で犯罪を未然に防ぎFBIの仕事まで奪うほど。 ...

ゴルゴ13人物

No Image

*概要
登場:ブーメランを持った女」
オーストラリア北部の荒野に馬と住む女性。
ゴルゴで数少ないヤンデレで家から逃げ出した男たちに対してをブーメランを投げて殺す。
しかも、ブーメランで馬、蛇を殺すことが ...

ゴルゴ13人物

No Image

「鬼畜の宴」に登場する二人の資産家。
ガブリエル・ロスマクドナルドは南アフリカ共和国キンバレーの採掘会社社長。68歳。
インゲルマン・ペテンセンはスウェーデンのコンピュータ会社社長。68歳。
事業は息子たちに任 ...