北欧神話

No Image
概要

ラグナロクで誰が得をしたのか考える。スルトは突然あらわれて燃やすだけ燃やして消えた。これはない。
バルドルが一人いても何ができる? まるでTV版イデオン並みの終わらし方だな。
丸投げという感じがしてしかたない。 ...

北欧神話

No Image
概要

北欧神話ににはご都合主義(理不尽)なことが多い。と言うか、とつぜん湧いて出てきてひどいことをされる。呪いの武器とか復活とかね。なんだろうなこれ。

一覧死ぬ呪いの武器全般

ドヴェルグ製はどういうわけかこれが多い。何でだろう ...

北欧神話

No Image
概要

ナーストレンドとは北欧神話に登場する世界。あの世らしい。
ニヴルヘイムにあるヘルヘイムとはまた別の存在。
巫女の予言、ギュルヴィたぶらかしにて語られる。
北向きの館があり天窓には毒が滴り壁は蛇の背骨で作られ ...

北欧神話

No Image
概要

オーディンはラグナロクで自分が死ぬ予言を受けた。ラグナロクで自分が死なないようあらゆる策を施して国を滅ぼしたりした。
結果はどうなった? 防げなかった。
正直、オーディンのやっていることは無駄だったのではないかと思 ...

北欧神話

No Image
概要

ドヴェルグ製武器はどういうわけか呪いがかけられており死ぬ呪いばかりである。しかも、ドヴェルグはその呪いをどういうわけか知っている。

1.ドヴェルグが知っている理屈は不明だが知っているのならどうやって知ったのかと思う。素 ...

北欧神話

No Image
概要

バルドルは無敵の体を持つ。ただ、弱点のヤドリギを除いて。世界で類まれに見る弱点ヤドリギ。弱点を知られなかったら無敵だったが弱点を知られたらヤドリギを探して投げつけて死ぬ。
あんまりな弱点だがバルドルは皆に慕われて助かった。 ...

北欧神話

No Image
概要

グレイプニルとは北欧神話に登場するフェンリルを取り押さえた道具。
レージング、ドローミでフェンリルを取り押さえることができなかったのでドヴェルグに作らせた対フェンリル封じの足かせ。
テュールが使うもフェンリルは警戒 ...

北欧神話

No Image
概要

空腹死ね理論とは北欧神話のロキの口論で描かれたトールが死ぬ理由。いくらなんでも理不尽すぎる。
誰だって空腹で苦しむことはあるがそれを理由に「うわあ、こいつ空腹ごときで苦しんでやがる。マジ死ねや」はないだろ。
いくら ...

北欧神話

No Image
概要

考えてみれば巨人も神もろくでなしばかりだ。
巨人はどうしようもうない野蛮人ばかりで暴れまわる。神の方は権力を利用して人間を酷使したり挙句の果てに世界を滅ぼす巨人すら勝てず滅亡。
結局、巨人も神も何がしたいのやら。残 ...

北欧神話

No Image
概要

グレイプニル作りで材料の指定がどう考えても作れそうにないものばかりで構成されておりこんなもので足かせが作れるのかと言いたくなるできである。それでもフェンリルを取り押さえることができるのはすごい。
それにしても北欧にはどうし ...

北欧神話

No Image
概要

北欧神話をモデルにしている作品には高確率でガチガチの鎧を着たオーディンとかが登場する。本当はガチガチじゃないのはわかっている。軽装なタイプだろうと思う。
古代から伝わっているとしても中世風の格好じゃないのは確かだ。だから、 ...

北欧神話

No Image
概要

ヨトゥンヘイムとは北欧神話に登場する国家。東に位置する。
住人は霜の巨人族、丘の巨人族。支配者はスリュム。
人間、神々から危険視されている。
ラグナロクでスリュムが動くのを考えれば巨人族が総出でロキにてをか ...

北欧神話

No Image
概要

ムスペルヘイムとは北欧神話に登場する世界にして南に位置する。
灼熱ばかりでここに住めるのはムスペルヘイムに生まれた巨人ムスペルのみ。他の巨人たちと比べて神々とのやり取りにかかわらずラグナロクまで静観していた。

出身者 ...

北欧神話

No Image
概要

今のファンタジーでは男の魔法使いがいてもおかしくない。中世ヨーロッパのマーリンとか東洋の仙人とかがそれであり魔法使いはいたって普通である。
北欧では少し違う。

昔の北欧の感性から

昔の北欧の住民の感覚ではこうであ ...

北欧神話

No Image
概要

ヘルヘイムとは北欧神話に登場する世界。ユグドラシルにあるロキの娘であるヘルが支配する死者の世界。
死者が多く住みラグナロクでは大量の死者が船に乗って来る。
ヘルがニヴルヘイムに追放されたためニヴルヘイムと同一される ...

北欧神話

No Image
概要

ニヴルヘイムとは北欧神話に登場する世界の1つ。氷の世界で死者が住む。川が多い。
天地創造から存在しユグドラシルの根が見える。

固有のものフヴェルゲルミル

ユグドラシルの根にある泉。ニドヘグが住む。

ヘルヘイ ...

北欧神話

No Image
概要

スヴァルトアールヴヘイムとは北欧神話にある世界。闇の妖精が支配すると言われている。
巨人と神々の戦いであるため妖精はあまり重要視されないので詳細は描かれていない。
だが、フェンリルを縛るグレイプニルを作ったので技術 ...

北欧神話

No Image
概要

ニダヴェリールとは北欧神話に登場する世界でドヴェルグが住むとされる。しかし、スヴァルトアールヴヘイムと似ており同一視されることがある。
その理由はスノッリエッダのみ使っているから。

出身者シンドリ

黄金の館を持つ ...

北欧神話

No Image
概要

ヘグルヴェイグとは北欧神話に登場するヴァン神族所属の人物。女性。
巫女の予言に登場。
ヴァン神族とアース神族の争いの原因とされる。
魔法使いで特にセイズが使える。セイズが使えたのでアース神族の女性は好んで使 ...

北欧神話

No Image
概要

アールヴヘイム(アルフヘイム)とは北欧神話に登場する世界。光の妖精が住むとされエルフが住んでいる。
支配者はヴァン神族のフレイであり神族と深い関わりを持つ。

出身者ヴォルンド

エルフの鍛冶屋。オーディンの剣の製作 ...