北欧神話

No Image
概要

ヘグルヴェイグとは北欧神話に登場するヴァン神族所属の人物。女性。
巫女の予言に登場。
ヴァン神族とアース神族の争いの原因とされる。
魔法使いで特にセイズが使える。セイズが使えたのでアース神族の女性は好んで使 ...

北欧神話

No Image
概要

アールヴヘイム(アルフヘイム)とは北欧神話に登場する世界。光の妖精が住むとされエルフが住んでいる。
支配者はヴァン神族のフレイであり神族と深い関わりを持つ。

出身者ヴォルンド

エルフの鍛冶屋。オーディンの剣の製作 ...

北欧神話

No Image
概要

ミーミルとは北欧神話に登場する巨人にしてオーディンの伯父にあたる。別名「賢者の神」とされオーディンに数々の知識をさずける知恵袋的な存在。
アース神族。
元々、体があったもののヴァン神族に首を切られてオーディンに蘇生 ...

北欧神話

No Image

ロキの妻は二人いるとされる。
1.アングルボザ
女巨人。ロキとの間もしくわロキがアングルボサの心臓を喰らいフェンリル、ヨルムンガンド、ヘルを生んだ。
2.シギュン
ロキとの間にナリとナルヴィができる。 ...

北欧神話

No Image

フリュムとはラグナロクでのみ登場する霜の巨人を指揮してあらわwれる巨人。
ヴィーグリーズに現れて船「ナグルファル」に乗って戦う。
しかし、この巨人の知名度はロキと3人の子供たち、スルトと言った前から登場かラグナロクで大活躍し ...

北欧神話

No Image

北欧神話に登場する雌牛にして最初の牛。ニヴルヘイム出身。
最初の巨人ユミルの次にあらわれた。
「ギュスタブのたぶらかし」において霜が滴った直後にアウズンブラが生まれて、4つ乳から乳をだし皮を作りユミルを養った。で、アウズンブ ...

北欧神話

No Image

ヴィリとヴェーは北欧神話に登場するアース神族の神々でオーディンの実の兄弟。
トリネコとニレによってヴィリは力と知性、ヴェーは言語と聴覚や視覚を得た。
オーディンと共にユミルを殺害し天地創造を始めた。
しかし、それ以降 ...

北欧神話

No Image

ミドガルズオルムとは父ロキ、母アングルボザの娘。ロキの子供たちで数少ない人間の姿をしている。下半身、体の半分が変色しているらしい。
死者の支配者。
ガルムの飼い主。ガングラティとガングレトを召使いとしている。
死者を ...

北欧神話

No Image

スレイプニルとは北欧神話に登場するオーディンの馬でロキが献上した。8本足の馬。
別名「馬のうち最高のもの」。
速く走り、飛行可能。
ラグナロクではオーディンを乗せて戦うとされる。おそらく、フェンリルに飲み込まれて死ん ...

北欧神話

No Image

「北欧神話」の用語は中二病ものでよく使われる。おそらく響きがかっこいいからだろう。
たとえば「神々の黄昏」を「ラグナロク」とルビをふる。あら不思議、むっちゃかっこいい。
他に「世界樹」を「ユグドラシル」とルビをふる。これもか ...

北欧神話

No Image

ミドガルズオルムとは父ロキ、母アングルボザの息子。大蛇で島を回るほどに大きい。
長兄にフェンリル、長女ヘルがいる。
ユルムンガンド、イオルムンガンドル、ヨルムンガンドと呼称が一定しない。
ヨトゥンヘイムで育てられてい ...

北欧神話

No Image

北欧神話に登場する狼に似た犬。体は大きい。飼い主はヘル。
別名「犬のうち最高のもの」。
ヘルヘイム(冥界)にあるヘルの館エーリューズニル、ヘルヘイムの入り口を守る番犬。目的は「冥界に入る者を追い払う、冥界から逃げる死者を逃さ ...

北欧神話

No Image

グングニールとはオーディンが持っている槍。
作ったのはイヴァルディの息子たち(数は不明し)。
能力は「投げると必ず命中し、なおかつ帰ってくる」。
威力はシグムントに渡した魔剣グラムを破壊するほど高い。
持つと ...

北欧神話

No Image

北欧神話に登場するムスペルヘイムの入り口を守る炎の巨人。妻にシンモラがいる。
スノッリノエッダでは4章で少し触れられる。世界創造のころから生きている。
スルトが真に活躍するのはラグナロク。ラグナロクの時に炎の剣を持って世界を ...

北欧神話

No Image

北欧神話に登場するフェンリル。ロキと女巨人アングルボザとの間に生まれた巨大な狼。
異名は「悪名高き狼」、「ヴァンがの怪物」。
知能は高く会話も可能。
イアールンヴィズの老婆との間にスコールとハティが産まれた。

北欧神話

No Image

グラズヘイムにあるオーディンが住む宮殿で、ヴァルハラの意味は「戦死者の館」と物騒。
ラグナロクに備えてヴァルキュリアが戦士の魂を集めるている。
住人はオーディンの他に戦士の魂、狼、鷲、グリンカムビと動物もすんでいる。

北欧神話

No Image

古ノルド語で「粉砕するもの」の意味をする槌(ハンマー)。
能力は「壊れない、敵に投げつけるとはずさず代えてくる、大きさ変更可能、雷撃を放つ、死者の復活(ただし、骨の髄が傷つくと復活不可)、聖別」と多方面に分けて動く特性を持つ。

北欧神話

No Image

北欧神話に登場するワルキューレ。鎧の女という意味。
ブリュンヒルデが登場する派生作品は多いが、とくに怖いのは原典の「ヴォルスンガ・サガ」。
性格はプライドが高く、親しい者以外と座れるのを嫌う。真面目でうそを嫌う。
グ ...

北欧神話

No Image

ニブルヘイムの門にて、ロキが作った武器。
スルトの妻シンモラが9つの鍵をかけた鉄の箱の中にある厳重に保管されている。
ヴィゾーヴニルを殺すことが可能。
さて、ここで気になるのは、レーヴァティンの形は何か?
作 ...

北欧神話

No Image

ロキの口論とは、ロキが呼ばれてもいない神々の宴会に登場。ここで、言葉を巧みに使って神々を罵る。ここに神々の罪がのっている。
1.ブラギ – 臆病者。
2.イズン – 兄を殺した男と関係を持っていた。 ...

PAGE TOP