戦争・兵器

No Image

車裂きの刑という処刑方法がある。これは意外と生きている者がいたらしい。ドイツでは車を動かして骨を折りまくった後、さらして生きていたら解放される。処刑と言うより刑罰に近い。
ただし、死んだ場合は火葬さらえる。
それにして ...

戦争・兵器

No Image

十分の一の刑とはローマ帝国軍内部であった刑罰。
これは、10人の構成される部隊が何らかの罪をおこなったとして罰としてクジで一人が当たり処刑される。逃れたとしても飯は馬の飯を食わなければならないし同じ仲間たちのテントで眠ることは ...

戦争・兵器

No Image

ヴラド・ツェペシュの串刺しは当時のヨーロッパ、中東からすればやばかったらしい。
本来の串刺しは重罪を犯した農民にのみ適用される処刑方法で頻繁に使われるものではない。だが、ヴラドは貴族にも適用し串刺しとした。
これは、自 ...

戦争・兵器

No Image

石子詰めとは日本にあった処刑方法。
地面に穴を掘り首から上だけを地上だし小石を詰めて行き圧殺する。
戦国時代から存在し江戸時にまで続いた。私刑にも使われたりする。
石打の刑とよく似ているが、こちらは石を打たず石 ...

戦争・兵器

No Image

炮烙とは紂王と妲己が制作した処刑方法という名の外道な見せ物。
これは猛火の上にある銅の丸太を罪人がしがみつく。渡りきれば無罪だが罪人はあまりの熱さに耐え切れず猛火の中へ入り死ぬのは必然である。猛獣刑とよく似ている。
紂 ...

戦争・兵器

No Image

死刑の中では生き残れば無罪となるものもある。ただし、生き残ったとしてもその後の人生に生きられるかわからない障害を負ってしまう。

*猛獣刑
古代ローマ帝国にあった処刑方法。罪人を猛獣と戦わせて殺す。
見せ物と ...

戦争・兵器

No Image

杖刑と言う刑がある。これは身体刑で何回かやると死なないが度が過ぎると死ぬが可能性が高い。
回数を通り越して棒を打ち続けると死ぬからだ。
死刑ではないのにやりすぎて死刑になってしまう。正直、これは執行者の技量によるものだ ...

戦争・兵器

No Image

吊るし刑とはヨーロッパにあった処刑方法。主に害獣が多いところで使われた。
吊るされた者は狼、鳥、ありなどに食い殺される。これにより罪人は酷い苦痛をあびながらあの世へ行く。
まさに古代だからこそ生まれた時代のものだな。死 ...

戦争・兵器

No Image

突き落としとは古代ローマ、ギリシャに存在した処刑方法。
断崖絶壁から落とされ処刑する。ローマでは市民を対象とした処刑としている。
それにしても、断崖から落とされたら死ぬわな。
あまり聞きなれないのはどうしてだろ ...

戦争・兵器

No Image

蟇盆とは殷の紂王が開発した処刑方法。内容は毒蛇、サソリを使い殺す。
おそらく、遅効性の毒ではなく速効性のある毒を使っただろう。そもそも処刑と言うのは遅効性のものは使われない1日内に殺すのが重要だ。
つまり、これは1日以 ...

戦争・兵器

No Image

猛獣刑とはローマ帝国にあった処刑方法。
これは罪人を猛獣の餌にして競技場で処刑する方法。娯楽要素もあり大衆の見世物として使用されている。ライオンといった猛獣の相手をする。
もし、勝てば無罪放免となる。

ただ ...

戦争・兵器

No Image

八つ裂きの刑とは処刑方法の1つ。2頭以上の馬を使い体の方向につけられて馬が走りだし体がちぎられる恐ろしい処刑方法。
世界各地にあり中国、ヨーロッパでも見られる。
まあ、いったら力の方向を利用して相手の体をバラバラにする ...

戦争・兵器

No Image

かつて死刑に反対だった弁護士がいた。岡村勲さんだ。
岡村さんは死刑反対派だったが、山一証券問題で逆恨みによって妻が死亡し死刑賛成に転向する。
こうしてみると、反対派にいた人はこういう事件が起きると初めて死刑賛成になる。 ...

戦争・兵器

No Image

皮はぎ刑の皮はどうなるのか? 調べたらゾッとした。

1.中国の朱元璋は不正をした役人の皮をはぎぬいぐるみにしたそうだ。
2.カンビュセス二世は汚職をした判事を処刑して皮を判事の椅子に座った。新しい判事は処刑された父 ...

戦争・兵器

No Image

象による踏みつけとはインドを中心に使われた処刑方法で4000年以上も使われた。
戦象の一種で犯罪者を処刑するために用いられた。処刑に特化した象もいるらしい。
死刑囚は象の足に踏み殺されたり、牙で貫かれたりした。断頭台に ...

戦争・兵器

No Image

江戸時代の処刑人一族山田家の収入源は意外だが「死体」だ。
実は処刑に関しての収入は少ない。
で、死体は試し斬りで収入が得られるらしい。これは江戸時代において日本刀で試すのは人がいいとした。しかし、人がいないし生きている ...

戦争・兵器

No Image

古代ローマの時代において切腹はあった。といっても処刑と言うより自害。
これはマルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス(以下、小カト)がカエサルに包囲されカエサルから降伏をせまられるが拒否して切腹した。
しかし、奴隷が ...

戦争・兵器

No Image

ファラリスの雄牛とは古代ギリシャにおいてペリロスが作った処刑道具でファラリスに献上したもの。だが、通常の処刑道具とは違い残虐極まりない処刑方法をする。

真鍮で雄牛を造る。中は空洞でそこに人を入らせる。そして、雄牛の下に火が ...

戦争・兵器

No Image

ドルイドによる磔刑はかなり怖いものらしい。ドルイド視点で違法な森林伐採が行われたらやった者を捕まえて狩った木のきずと同じ数の傷を負わせてそのうえで木が許すまで磔刑にするらしい。

それにしても、木が許すまでってどういう意味だ ...

戦争・兵器

No Image

銃殺隊とは銃殺刑を執行する軍隊。銃を持っておりそれを使って死刑囚を撃ち殺す。
人数は5人以上(写真を見る限り5人以上の者が多い)。
一斉射撃で死刑囚をハチの巣にする。これは一人の場合で失敗する恐れがあるためこのような措 ...