【デジモン・勢力】オリンポス十二神

この記事の所要時間: 112

概要

オリンポス十二神とはデジモンに登場する勢力。全員が究極体神人型デジモン。
イグドラシルが管理する世界とは別サーバーの世界「デジタルワールド・イリアス」を守護している。
イグドラシルとの関わりは無く七大魔王、クラックチームに手を貸したりしている。
ゲームの主役を張っているものが多い。ロイヤルナイツのデジモン(漫画、アニメの主役)と違う。
昔はオリンポス十二神族と呼ばれていたが今は族をつけない。

メンバー

1.マルスモン
2.ネプトゥーンモン
3.メルクリモン – デジタルワールド最速。
4.ミネルヴァモン(メルヴァモン) – 育ってメルヴァモンとなる。
5.アポロモン
6.ディアナモン
7.ウェヌスモン
8.ウルカヌスモン – 七大魔王ベルゼブモンのベレンヘーナ製作者。
9.ケレスモン – 巨大な怪鳥だが本体はケレスモンメディウムと小さい。
10.ユピテルモン – 戦場において善と悪の判断を行う。
11.バッカスモン – クラックチームに毒を利用される。
12.ユノモン

マルスモン(ベアモン)はデジモンワールド3、アポロモン(コロナモン)はサンバースト、ディアナモン(ルナモン)はムーンライトとそれぞれ主役デジモンの究極体となっている。
ユノモン、ユピテルモンは2つの形態を持つ。

プルートモン – オリンポス十二神に通じる実力者。

広告