【魔神転生2】その他の登場人物

この記事の所要時間: 123

武内夫妻

ナオヤの両親でそれぞれ科学者。DIOの開発に熱心で家へあまり帰ってこなかった。謎の事故死をとげる。
真相はDIOの開発により見せかけた事故死。
カレンの仲介の下、武内夫妻はナオヤと再会し事件のすべてを話す。

八神博士

新宿の八神製作所にいたハイカラの老人。武内夫妻の同僚で事故の真相を知っていた。
ナオヤたちと会いパルチザン壊滅を話すも事故の真相は隠した。趣味で作った「FRI-DAY」を渡し市ヶ谷の武器の所在を教えた。

ベイツ

オギワラの部下。トモハルにDIOを渡したりしている。
オギワラの命令でナオキ、トモハルを始末しようとした。
正体は熾天使カマエル。アムネジアに住む。
目的はアクシズの人間を代行者に会わす仲介人でベルゼブブと最高評議会の仲介をする。どのルートでも異世界に渡す仲介人として登場する。
ラ・フレーシュのことウリエルから渡されたDIOをオギワラに渡すもラ・フレーシュがウリエルであることは隠す。

長官

2052年の統合作戦本部長官。最高評議会が腐っているとしてクーデターを起こす。
サタンと協力関係を持ち軍事衛星HELIOSによる殲滅の権限を持つ。
サタンの後ろ盾が無くなりニュートラルルートでは邪神アーリマンを召喚し最後の戦いに出る。

バエル

最高評議会にいた悪魔。好戦的。ベルゼブブ派閥の悪魔と思われる。

ラジエル

LAW-LIGHTルートのみあらわれる天使。ベルゼブブを倒した後に起きたHELIOS発動でカレンが消滅し本来たどるべき未来を戻すためナオキたちに接触しラジエルの書で戻した。