【魔神転生】用語 | 今日も暇なことを書く

今日も暇なことを書く

【魔神転生】用語

      2017/01/02

共通

悪魔召喚システムDIO

悪魔召喚を可能とする装置。元々、DIOとつけられるず「2」になってからつけられた。製作者はTAKEUCHI。
「2」では八神博士の趣味で悪魔合体可能な試作品「FRI-DAY」が作られた。
正体は1995年に武内博士がnemesisの開発段階で発見されたが、メインプログラムに事故が起きて博士は死亡、メインプログラムは消失しDIOの研究は打ち切られた。
2022年に首都治安維持軍が再開発をし2024年に治安維持で試験品を使用し悪魔が街中にあふれて大惨事となり1民間人の手により事態はおさまり研究は封印されたが評議会はDIOの資料を入手して完成させベルゼブブとコンタクトした。
最高評議会はDIOを軍事機密として秘密にしていた。
オギワラの持っているのは2019年にネット上でばらまかれたものでベイツはE・A・ラ・フレーシュから手に入れてオギワラに渡した。

トライアド

アクシズ、パラノイア、アムネジアの3つをさす。

人間の世界(アクシズ)

東京、メガロポリスが存在する世界。いわば人間の世界。

天界(アムネジア)

天使が住む世界。いわば、天界。
アムネジアの人間はアクシズを巻き込んだことに自責の念を持ち自身たちが滅んでもいいと考えていた。
カマエルの故郷。

魔界(パラノイア)

悪魔が住む世界。いわば魔界。
攻撃的な性格が多くあまり話しを聞かない。なぜか、突っ込む速度は早い。
危機を迎えておりアクシズに召喚されたことにより3度に渡りエネルギーを求めて悪魔たちがアクシズに流れていった。

1から

邪教の館

悪魔合体を教える館。主人公に素質があると見込み合体の秘儀を教えた。
2では八神博士の趣味によって存在が消された。

NIEDER

東京の一部の地域。主人公がいた場所。イグドラシルの影響で群発地震が絶えない。

佐田研究所

悪魔が出入りする、人々の記憶を消す噂を持つ研究所。主人公の活躍で人々は解放された。
研究所の正体はイグドラシルに送るマグネタイトエネルギーを製造する場所だった。

イグドラシル

武蔵樹海に存在する巨木。悪魔たちの活動拠点でマグネタイトエネルギーを集積している。
東京に起こる群発地震の正体と思われていたが違う。

三日月の塔

魔界とつながっている塔。メデューサが守っている。

裏僧院

魔界の行き場を失った者がいく場所。ベリアルがヒロインを飛ばした場所。

鬼神

東京を護る悪魔たち。ゾウチョウテンがいればすべて仲間にすることが可能。ただし、特定の条件が付いている者もいる。

死の砂漠

生きる気力をなくした悪魔たちが集う場所。戦う意思は無く攻撃してこない。ここで悪魔を殺したかによってルートが左右される。
クシティ・ガルバが支配する。

2から

nemesis

超時間転移装置FASSの通称。
1978年に旧防衛庁科学技術研究局で国家プロジェクトを始めコードネーム「SPIRAL-NEMESIS」とされた。
プロジェクトリーダーは武内博士、八神博士。
1995年に武内博士が開発段階でDIOを発見するもメインプログラムに事故が起こり博士は死亡しメインプログラムも消失。
2020年の大暴動で中止したが、2026年に最高評議会の設置と同時に再開し2043年に完成。

目黒技研

旧防衛庁科学技術研究局の通称。これは目黒に存在するから。またはラボと呼ばれる。
ナオキの両親が働いていた。1995年にDIOの事故が発生し両親は死亡。
悪魔に制圧されている。地下はマグマが噴出している。

大暴動

2020年に起きた大恐慌を発端とした内戦。自衛隊を当たらせるも結局は市街戦となり東京は傷つき「スラム・トウキョウ」と呼ばれる様相となった。

最高評議会

2026年にあらわれたメガロポリスの支配者たち。旧政府に代わり政府官学の各ブレーンが集まった合議制。市民からの指示は圧倒的で東京をメガロポリスと呼ばれるよう復興させた。
東京湾上には評議会の本部であるコアポリスが建設された。
DIOを使いベルゼブブと会いベイツの協力で政治的密約を結ぶ。
腐っており2052年には統合作戦本部軍がクーデターを起こし戒厳令が出され対策を取るも回復の見込みは無い。

統合作戦部

国防省が保有する軍隊。前身は暴動鎮圧のために首都治安維持軍で、防衛庁と国防省が再編されて正規の軍隊とされた。
2052年に長官がクーデターを起こし戒厳令を出す。クーデター参加者は悪魔で占めている。
太陽光線照射衛星HELIOSを所有しいつでも殲滅可能。
軍が評議会に不満を持ちHELIOSを作り上げたが評議会は対抗してDIOを再開したが先手を打ってクーデターを起こした。

MEGALOPOLIS

2052年の東京。旧市街はSIDEPOLISと呼ばれ新宿、上野は「SIDEPOLIS-(番号)」でわけられている。
最高評議会の中心は東京湾に作られたコアポリス(新都)。コアポリスの入り口はノース・ジャンクションとされる。

悪魔侵攻

1995年に大量発生した悪魔を一人の男の指揮の下、東京が制圧された事件。
悪魔たちの統一性が無くなったことが原因で1996年にカオルはパルチザンを組織。

イントル―ダー

タイムワープした人間のこと。

RONDE

封魔シールド

トンプソンが持っていた謎の道具。略称は「DIS(DEVIl INJECT SHIELD)」。
悪魔を保管したりする。拡張でトンプソンの持っているシステムディスク1「リミックス」で合成が可能になる。
2で演習が可能となる。
リミックスステーションの擬人人格オペレーターはサタデー。サタデーを守るアンドロイドが存在し名前はXP-08。
製作は八神グループで壊れた時の部品も存在する。

仮想空間

ネットワーク空間で悪魔たちが出現したりする。もろく崩壊しやすい。
本来は一定の情景を持つがなぜか飛鳥の場合は入るたびに情景が違う。
モレクは川崎のネットワーク社を利用して冥界を作り上げた。

転生

物語の重要となる語句。
悪魔:一度死ねば再び別の体となり過去の記憶も継承している。ただし、人間が人工的に作られた悪魔は転生できない。
人間:一度死ぬと再び別の体となり蘇るも記憶は継承していない(沢木は覚えていないと解釈している)。

魔神の血統

魔神アンリマユの血を流す者で適合者と見なされる。
該当者は弥勒飛鳥、弥勒聡。なぜか沢木が入るも理由は不明。

 - 魔神転生