【Ruina】タイタス四世

この記事の所要時間: 032

概要

タイタス四世とはRuinaに登場するアルケア帝国四代目皇帝。
シバの哲人イクタイエスを師に持ち、諸国の知識を集めて大図書館を建設。鍵の書の製作者と思われており知恵者たちを星に至らせたと書かれている。
285年と長く統治し自ら墓所へ降りた。十世を除いて最も長い。
死してなお知識欲は衰えず時間が足りないとしている。
息子にタイタス五世が存在する。しかし、父と比べて未熟。

戦闘

鍵の書の守護者の姿で登場。即死系魔法(瘴気、魔界門、死の指)を使う他、刺突・射撃・暗殺・闇・対地属性の耐性を持つ。火、聖属性に弱い。

広告