【貝獣物語・キャラクター】ポット(グランコール)

この記事の所要時間: 245

作品

初出:大貝獣物語
他:大貝獣物語2、ポヨンのダンジョンルーム、ポヨンのダンジョンルーム2、MOZ

概要

ポットとは大貝獣物語に登場する人物。外見は壺で手足が生えて中から目がある。
召喚師でファットバジャーが好み。
貝獣仙人の弟だがあまりにも仲が悪いため使い走りにされる。
本名はグランコールで外見は貝獣仙人の体表を黄色くしたもの。基本は「ポット」で呼ばれて本名で呼ばれるのは元の姿に戻った状態のみ。
霊体化しても壺のまま(大貝獣物語2の白神様の霊体化)。

性格

性格はとにかく嫌な奴。自分の利益のみを尊重し他はいらないとしている。
皮肉屋で口も悪くポヨンのダンジョンルームでは仲間に誘う別れるをしても悪くいう。
いたずら好きで人に迷惑をかけている。
そのため、貝獣仙人と仲が悪く素行が祟りエベルによって壺へ封印された。
しかし、本当は情に厚く単に表に出していないこと。
召喚獣マニアであり召喚獣に関する知識は豊富。特にファットバジャーやヒュテムドラゴンといった珍しい召喚獣に目がない。ただし、大貝獣物語の仲間を召喚獣にしようとしているためこのことでも仲間からひんしゅくを買う。

活躍

「大貝獣物語」にてファットバジャーを召喚獣にすると言ったきり消息不明となった。悪戯好きがたたりエベルによって壺に封印され各所に売られたり放棄されたりして壺置き場に置かれた。エベルに認められ自由の身となる。
「大貝獣物語2」では反省していなかったことがバレてグレートノームに壺へ封印され札を張られて動けなかった。主人公に解放される。
ジョーダンサーカスへ乗り込んだ時に「正義の味方じゃ」というが、ポットの今までの行動を見たら「お前が言うか!」とツッコミを入れたくなる。
「ポヨンのダンジョンルーム」では仲間。
「ポヨンのダンジョンルーム2」ではドラゴンスタンプラリーへ無理やり参加された。ヒュテムドラゴン復活に携わるもゴストスタンプを入手したらイベントが消える。

関係者

貝獣仙人
兄。仲が悪く「バカ兄貴」と言っている。

エベル
グレートノームの長女でポットを壺に封印した。

グレートノーム
ポットを再び壺へ封印したエベルの父。

バブ、クピクピ
かなり優しく接している。

ポヨン
バカであるためひどく接している。

キラー、マギー、キララ、ザルドン、バード、トキア、リンダ
ポットを全く信用していない仲間たち。
ザルドン、リンダは平和のために戦うのか疑問視している。
キララ、バードからは信用されていない。
トキアからはガロウと同列扱いされており呼び捨てで言われる。
マギーからは「みじめ」(ポットからマギーは落ちこぼれに近い位置だがそんなマギーから言われるのもよっぽど)。
プライドを大切にしているキラーからは「プライドが無いのか」と言われる始末。
大貝獣物語の仲間の半分から信用されていないという恐ろしさ。

ガロウ
我の強さがよく似ている二人。

バルテス
裏切ったこともあって2度めもあると考えて警戒している。ポットに警戒される筋あいはないが。

ギャブロ
精神が幼いためポットを完全に信用しきっている。

スポンサーリンク