【貝獣物語】ドラゴンスタンプラリーのドラゴンたち

この記事の所要時間: 144

概要

ドラゴンスタンプラリーに登場するドラゴンたち。

一覧

ジャングルドラゴン

レリックジャグル。翼を持たずモヒカン。
「ワレ」と強調する。

レイクルドラゴン

レリックレイクルのメスドラゴン。
かつてヒュテムドラゴンが支配する不毛の土地をヒュテムドラゴンから勝ち取り豊かな土地として住民たちから崇拝されている。

カザーンドラゴン

レリックカザーンに住むドラゴン。善人だが短気で一度怒ると火山岩が降って来るため近隣の住民は頭を守るため鍋を被っている。
ちなみにレリックカザーンの村はかつて料理に使う石チャッカイシが多く発掘された鉱山があったものの少なくなり衰退している。

アイスンドラゴン

レリックアイスンのドラゴン。と言うか角と尻尾が生えた雪男に見える。
おちゃめで負けると悔しがる。変態で2回目のスタンプ探しではこれがくる。
ダンジョンを挑むも帰ってきた者がいないため住民たちからは物好きが挑むダンジョンとみなされている。
また、レリックアイスンにはアイスンかぜと呼ばれる独自の風邪がありホカホカそうがなければ治せない。

サンドルドラゴン

レリックサンドルのドラゴン。情が厚く人々とともに村を作ろうとしていたがラオチューに人々がさらわれてポヨンにスタンプと引き換えにラオチュー退治を依頼。
戦闘は一切なく代わりにラオチューが戦う。
ポヨンはラオチューとの戦いで名誉村長となる。

ゴストドラゴン

レリックゴストのドラゴンと言うか幽霊。風邪気味で「グフグフ」と咳き込む。

ノヴァ

レリックノヴァのドラゴン。最後に戦うドラゴンだが、実はすごい未熟。
1.悪の波動を受けて凶暴化(4つめのスタンプ)。
2.ラオチューにゾンビ洗脳される(5つめのスタンプ)。

ラオチューとの戦いの後、修行のためポヨンの旅に同行する。
MOZではコスモ出身のドラゴン。ギャラック彗星で目が覚めた。どう考えても貝獣島周辺の生物じゃないのか?

広告