【貝獣物語】グレートノームと四姉妹

この記事の所要時間: 125

グレートノーム

初:大貝獣物語
他:大貝獣物語2、MOZ
ブリザランドに住む長い白ひげの老人。身長がすごく大きい。
配下はピクシー姉妹のサラとミャン。
ドラド国王とは友人。
古代人の末裔。
「大貝獣物語」では病に伏して寝込んでおりアイスマンの村にゆき病を治す薬ヒーリングドロップを持ってくるよう頼んだ。ファットバジャー討伐後、主人公たちをドラド警備隊と任命する。
「大貝獣物語2」ではポットが反省していなかったので再び壺へ封印する。霧に異変を感じて貝獣島へゆき貝獣仙人と話し合いをする。

四姉妹(四オババ)

初:貝獣物語
他:大貝獣物語、MOZ

長女エベル

パール島に住んでいる。素行の悪かったポットを壺に封印した張本人。
実力は高くポットを封印したり「ヘッポコ召喚師」と罵るほど強い。
普段は家に引きこもり研究に没頭している。そのため、外に関して関心がない。
ディープ博士とは恋仲だったがあまりにも他の女と話すので別れた。

次女マージ

ウェストサイドに住んでいる。

三女ミルミー

ラミールに住んでいる。プーを保護していたがギャブ・ファーたちに襲撃され繭にされる(回収されなかった)。火の貝の勇者に解放されドラドシティへの道を教える。

四女コリコット

サンドラに住む。ドラドシティでファットバジャーの邪気を感じて向かう。ドラドシティの惨状を見てグレートノームへ報告しに行こうとしたが、秘密の地下道で追い掛け回されていた。火の貝の勇者に助けられるもロボットがギャブ・ファーに一味であるのを警戒して警戒を解くため帽子をわたす。

スポンサーリンク