【大貝獣物語2】六魔将

概要

ギャブ・ファーの卵を回収してダークの暗黒の力で生み出された。自分たちを「兄弟」と見ている。
ダークの力もありギャブ・ファーにはなかった暗黒魔法を使う。
全会一致でドーンのことを誰も信用していない。
ギャブ・ファーに似た性格はマッシュキング、ファントムクイーン、カイザーブルー。
グジューよりはビューティー。

メンバー

メガロキング(ハイパーメガロ、スーパーメガロ)

六魔将の一人。地下要塞ランドガイアンを使う。
卑怯が嫌いで正々堂々とした戦いをする(部下やドーンからはあまり好まれていない)。戦いよりも任務を優先する。
呪いを使えるのでルミエラにメガロキングが死ななければ解けない死ぬ呪いをかけた。
グランガラムから古文書を入手してオーラストーンの手がかりにつながった。
ヘルバレー発掘前線基地を作りパンターナから男をさらって働かせる。オーラストーンを見つけて意気揚々で戦うも敗北し死亡し地下要塞は爆破された。
死体になったものの闘争心はまだありドーンが改造しハイパーメガロとなる。ドーンの人形となったことを屈辱に感じてドーンへの反抗を伺っていた。
古代塚にてドーンの意見を無視してオーラストーンを賭けて主人公たちと戦い敗北し死亡。
ドーンに再改造されスーパーメガロとなり心は機械そのものとなった。浮遊大陸にて戦い死ぬ間際、意識を取り戻すも爆発した。

マッシュキング

六魔将の一人。
性格はギャブ・ファーよりで失敗した者に厳しい。独占欲が強くドーンが手柄を独り占めにしようとしているのを見抜く。
カビ病を撒き散らし苦しめる。
マッシュアングラーをブロアーの森に置く。
バルテスを離反させ洗脳し手駒とした。バルテスの洗脳が解けて逃げてしまいルミエラを捕らえて主人公と戦うが敗北し死亡。

ファントムクイーン

六魔将の一人。
気配を消す力は強くダークですら見きれないほど。幻術の使い手で異空間を作る。
こちらもギャブ・ファーよりの性格で失敗者に厳しくメガロキングがドーンの手に落ちたことを「ドーンのおもちゃ」と侮辱している。
シャムルにおばさん扱いされているが生まれた期間を考えればシャムルより年齢は低い。
古代塚の砂嵐を解く方法をしるのがテックスと知ったダークからドーンへ伝えるよう命令が下る。
コタイでジャマラーに憑依して主人公たちを倒そうとしたがバルテスの登場で失敗しバーンの山へ向かう。
幻を作り主人公たちを始末しようとしたが負けた後、撤退。しかし、ダークがそれを許さず戻ってきた時に粛清された。
ファントムクイーン(Phantom Queen)であるが略称は「F・クイーン」とPではなくFになっている。

ギャブロ

六魔将の一人だが幼体。副官に暗黒剣士のソニアがいる。
詳細はギャブロを参照。

カイザーブルー

六魔将の一人。シーマスターを使いオーラストーンを回収。
失敗した者達を見下しておりドーンもその対象。
オーラストーンを回収して主人公たちを意気揚々に倒そうとした。

ビューティ

最後の六魔将。常識人でダークの考えについていけない部分がある。
他の魔将を兄弟と思っておりネオドーンに使われた際には良くない感情を出していた。
裏切ったギャブロを憎んでいる。
暗黒大陸完成後に活動を開始。ダークから主人公抹殺を任されてシャープナーと主人公を戦わせる。
ダークが地球侵攻に考えるため主人公抹殺の権限を一任された。レッドバロンによる地底大陸からの追撃、
ジョーダンを組むことに関してジョーダンが弱いと見て否定的。しかし、ジョーダンが追いかけられているのを見てダークが用意した人々の魂が入った球を渡す。
断崖宮殿のダークの前で戦いパーティが分断された状態で戦う。
倒されてもダークへの忠誠は揺らぐことが無かった。


PAGE TOP