【貝獣物語】ルミエラ

この記事の所要時間: 041

概要

グランガラム国の王女。厳しく戦う時は戦う。
魔法は強いが、打たれ弱い。
魔法の才能は高いが、クピクピよりも劣る(理由はクピクピは王宮最高魔術を魔導書で覚えたのに対してルミエラは人から伝授された)。
バルテスを愛している。記憶を失っていたバルテスの名前を与えた。
子供の時に犬を飼っていた。
呪いをかけたメガロキングには不思議と縁があり時に心を打たれることもあった。

活躍

メガロキングが城へ侵入して古文書を探し回って対抗しようとしたが敗北し呪いをかけられる。メガロキング討伐後に解除され目をさますため主人公がキスして解放された。
バルテスが裏切った際には主人公とともに説得へ行く。以後、主人公とともにダークと戦う。
エンディング後、バルテスと結婚する。