【大貝獣物語2】ジョーダン

登場作品

初:大貝獣物語2
他:MOZ、Vマスター

概要

ジョーダンとは大貝獣物語に登場する人物。ジョーダンサーカスの支配人で各地を歩いている。
が、その正体はサーカスに来た子供を豚にしてさらい芸を仕込み売り飛ばす外道。そのため、各町ではその悪名が轟いており警戒されている。
魔法使いで相手にを豚にする「豚魔法」を得意としている。
戦闘に関しては弱くギャブロから「弱い」と即見破られる。
珍しい生き物を集めるジョーダン牧場が存在する。

性格

感情の起伏がおかしく笑ったり怒ったり泣いたりするが、結局は笑う。
状況の見込みは早くビューティーが「暗黒の使い」と言った時、暗黒大陸にしたものの使いと察知した。
センスはおかしく「愛と感動の物語」という意味不明な作品を作った。
相手に希望を与える才能は本当にありMOZでジョーダンの名を引き継いだ少年がサーカスを乗っ取り真っ当な事業にしている。

活躍

大貝獣物語2

2回の戦い

ポヨン、クピクピ、いぬを捕まえて豚にして売ろうとしていた。しかし、脱走されジョーダンに刃を向けたので戦うも敗北し団員たちとともに逃走。
気球のコントロールルームに隠れてポヨンを豚に変えて報復をするも犬とクピクピをのがしてしまいポヨンとドラゴバードの子供をもらう。
カラハーで再び子供をさらうがポヨンの活躍と主人公たちの登場で子どもたちが再び解放される。

暗黒大陸~豚化

暗黒大陸完成後、フォトノイルを独占しているため実質の支配者となる。マリナルンに屋敷を構えてマリナルンの盗賊たちを従えて盗賊都市に変貌させた。
地下闘技場を経営し資金源としている。
主人公たちに気球をめぐる戦いが始まりベアライダーを戦わせるも負けて気球で地底大陸となったクトミナへ逃げた。同時にジョーダン所有の密輸船ブラックデビル号が難破してしまった。
クトミナ女王が鏡に入って生きているので珍しく思いさらった。気球に乗って逃げている時、ドラゴバードが追ってきて追いつかれてしまい兵がおらず困っていた時にビューティーが人々の魂で強化した球を渡されて戦う。
主人公たちに戦いを挑むも負けて隙きを突いて豚になる光線を出すが女王が弾いてジョーダンが豚となった。因果応報である。
コールに引き取られ育てられる。

MOZ

一人だけ登場でブー、スー、ピーの3体を使うコンボがある。
ジョーダンに触発されてショータンと呼ばれるジョーダンサーカスを乗っ取り善良にサーカスをやっている少年がいる。

Vマスター

再登場を果たすも気球は昔のような大型ではなく一人乗りよう。現在は一人でサーカスを開いている。

手下

コール

ジョーダンの部下。豚となった子供の見張りをしている。面倒見がよくポヨンから悪く見られていない。
ポヨンの名前を間違えており「プヨン」、「ポヨヨン」となる。
2回も脱走を許していまいジョーダンに責められ粛清された。ジョーダンに捨てられ主人公のもとで働くことにした。
後にコールが豚となったジョーダンを引き取る。

ベアライダー

ジョーダンの右腕。
闘技場の商品に自らの地位と水の貝を提示してベアファイターと戦う相手を呼ぼうとした。ジョーダンの部屋で戦い敗北する。

ベアファイター

通称「100人殺しのベアファイター」と言われている熊。

ジョーダン三鉄人

ジョーダンの3人の側近。

レイダー

アル口調で喋る男。ポヨンとクピクピが脱走しようとしているので戦う。罠にかかり敗北し豚から戻る薬を取り上げられた。

ヘルマーダー

三鉄人の一人。オリから脱走したポヨン、シャムルを追っていた。

愛と感動の物語

ジョーダンサーカスで見られる映画。1話、2話がそれぞれ100パール払えば見られる。
トリコ(鳥で役者も鳥)、カゲオ(トカゲで役者もトカゲ)の愛の物語。
1話は二人が見つめ合う。
2話はトリコがカゲオを食い「まじい」と言って終わる。
監督はジョーダンで製作はジョーダンフィルム。
センスが意味不明すぎる。


PAGE TOP