【桃太郎伝説】怨みの洞窟

この記事の所要時間: 115

概要

怨みの洞窟とは新・桃太郎伝説に登場する洞窟。微笑みの村近くに存在する。入り口は何もないがなぜか次の下層へ行く前に男が一人いて行くのか問う。
メインストーリーと関係なくただのオマケだがオマケにしてはひどいもの。

なにこれ?

階層を下がれば下がるほど人気が減る。
男が入り口の中にある階段にいて行くのか質問してきて行くと言ったらどくも名前を4つ聞いてくる。
ここで倒した鬼は「こらしめた」ではなく「うらみをはらした」と表示される。

名前

1.自分の名前。
2.この世で一番嫌いな相手の名前。
3.2番目に嫌いな相手の名前。
4.3番目に嫌いな相手の名前。

2、3番目に名前を入れられた者はエンカウントで登場する。最下層に一番嫌いな名前のものがボスとして登場する。奥に石碑がある。

石碑

この地上に暗黒をもたらし
なんぴとからも いみきらわれし者
その名は (この世で一番嫌いな相手の名前)!
しかし そのは(この世で一番嫌いな相手の名前)も
とこしえの 平和を ねがう
ゆうかんなる (自分の名前)の 手により…
ついに とわの ねむりにつき
地上には ふたたび
まばゆい光が みちあふれた!
ひとびとは (自分の名前)の名を
えいえんに かたりつぐと ともに
あしき (この世で一番嫌いな相手の名前)のたましいを………
この地に ふういん せしめた!

記・時のかたりべ

スポンサーリンク