【桃太郎伝説・術】きんたんの術

この記事の所要時間: 119

概要

きんたんの術とは桃太郎伝説に登場する回復する術。この術を習得するのは桃太郎が基本。仙人との戦いで習得可能。ただし、IIではきねん仙人が用意した条件をクリアすれば取得可能。

きんたん

基本で40回復。一角仙人(FC版のみ)、きんたん仙人。
新では桃太郎の他に浦島、風神、貧乏神、ましら(アニマ攻撃)、といちやも習得している。

せんきんたん

きんたんの上位で100回復。IIから登場。
きねん仙人(II)せんきんたん仙人(PS)から。
新では桃太郎ではなく浦島、風神、ましら(アニマート攻撃)、といちやが習得。

まんきんたん

きんたんの最上位で一人の体力を全回復させる。ダメ仙人(FC版のみ)、きねん仙人(II)、まんきんたん仙人(新、PS)から。
新では桃太郎の他にえんま、浦島、といちやが習得。

亜種

まいたん

毎ターン回復する術で接尾辞の数字が大きければ大きいほど量は多い(接尾辞の数字は最大3)。まいたん仙人から習得する。
覚えるのは夜叉姫(PS、II)。

みなきんたん、みなせんきんたん、みなまんたん

新のみ登場したきんたんの全体版。40、100、全と回復可能。
みなまんたんだけ「みなきんたん」ではない。
覚えるのは様々。
1.浦島(全部)
2.ましら(ブレス攻撃(みなせんたん))
3.えんま(みなせんたん)
4.といちや(全部)

おとひめ

乙姫が持つ術できんたんと同じ。覚えるのは浦島。

広告