【メタルギア・組織】コブラ部隊

この記事の所要時間: 054

概要

コブラ部隊とはメタルギア・ソリッド3に登場する特殊部隊。
1942年に第二次世界大戦でザ・ボスが設立。目的は新しい戦争のあり方として標的を精密に潰すため優秀なメンバーを集めた。
賢者たちも関わっている。
1947年に解散し再び結成。スネークイーター作戦で壊滅。

メンバー

「無上の歓喜」ザ・ジョイ(ザ・ボス) – 指揮官。
「至高の痛み」ザ・ペイン – 蜂使い。
「至純の恐怖」ザ・フィアー – 木登りステルス迷彩。
「真実の終焉」ジ・エンド – 老齢の狙撃手。光合成も使う。
「無限の憤怒」ザ・フューリー – 炎使い。ただし、第二次世界大戦後でこうなっているのでわからない部分がある。
「深淵なる悲哀」ザ・ソロー – 故人。エスパー。

全員が自決用の爆弾を体に入れており敵に捕らえられたり死んだ場合は爆破する(ジ・エンドが老衰した場合はペットのオウムが爆弾を起動させる)。これは公の任務ではないための措置である。
他にいたらしいが不明。死亡、引退しているものもいる。

広告