【メタルギア・用語】アウターヘブン

この記事の所要時間: 132

概要

アウターヘブン(外側にある天国)とはビッグボスが提唱した思想。
どこの国にも所属せず兵士たちにとって楽園とも言えるもので天国の外側にあると定めている。いわば、管理から外れること。

アーミーズヘブン

アウターヘブンの根幹になっている思想。元はジーンが考えた優秀な傭兵たちを集めた国家思想。実態を持たず闇の組織として運営される死者の半島にして別名「アーミーズヘブン」。
世界を1つにするため組織しあらゆる紛争に介入し世界を支配する。
アウターヘブンと唯一違う点は「管理される」こと。アウターヘブンは自由なことだが本質は変わらない。

実践例

国境なき軍隊

ビッグボス、カズヒラ・ミラーが作った私兵軍隊で1970年代に創設。当初は自由気ままに動いていたがピースウォーカー計画で組織が拡大し傭兵ビジネスとなりいつしかアーミーズヘブンに近い状況になった。
XOFの襲撃で壊滅しカズヒラとビッグボスは生き残る。

ダイアモンド・ドッグズ

8年後にカズヒラが作り上げたXOFと裏にいるサイファーへの復讐をするための組織にして傭兵派遣会社アウターヘブンの前身。
当初の思想とはかけ離れていった。

傭兵派遣会社アウターヘブン

1980年代後半にビッ部ボスが南アフリカの奥地で作り上げた。1995年にはメタルギアを開発し武装要塞国家となる。
アウターヘブン蜂起でソリッド・スネークにより壊滅。
続く1999年のザンジバーランド騒乱でもアウターヘブンを作ろうとしたが再びソリッド・スネークに倒された。
以降はリキッド、ソリダス、オセロットと意思を引き継いだ。しかし、ほんとうの意味で引き継いでいるのは誰だったのかは検討がつかん。
アウターヘブンもアーミーズヘブンと大差ないだろうな。

スポンサーリンク