【マリオ・ネタ】敵一覧

この記事の所要時間: 223

通常

クッパ軍団

マリオとつねに反目しあっている。特にピーチ姫を巡って争う。
マリオに負けてばっかりだがいざとなればマリオを倒すこともできる(逆のことが起きる)。

ドンキーコング一家

クランキー、ドンキーコングJr、二代目ドンキーコングをさす。ポリーンを巡って戦う。

ワリオ

単独であるが何度もマリオと戦った経験がある。しかし、いいように利用されたりキノピオに負けたりする。

単発

ブラッキー

レッキングクルーに登場。違法建築と解体作業が得意。
と言うか、ブラッキー自体がマリオとの戦いを楽しみにしている。そのため、他の敵キャラと違い「単にマリオと戦いたい」ことしか見えていない。

タタンガ

宇宙から来た侵略者。サラサ王国のデイジーをさらいマリオを邪魔するため道中に刺客を送る。
ワリオの部下となったりと敵としてイマイチ。

カジオー軍団

武器世界から来たカジオー率いる軍団。クッパ軍団よりも強力で多くの兵隊が洗脳された。

マムー

サブコンを侵略しただけの悪党。他の者達と比べてあまり印象が悪いというより他のメンツが濃い。

カゲの女王と配下

かつて古代ゴロツキタウンにおいて暴政を執っていたカゲの女王とその配下達。
組織力はクッパ、カジオーより劣るが全盛期のカゲの女王の実力は前述の二人より圧倒的に上。

ザ・伯爵ズ

ノワール伯爵と4人の配下で構成されている。世界の絶望した伯爵が黒のヨゲン書を使い世界を一から作り直すために動いている。
ナスタシアの催眠術により兵隊を多く持つ。

ディメーン

ノワール伯爵の配下の一人だが伯爵を利用。伯爵を出し抜き新世界の王へなろうとしていた。

ゲラゲモーナとゲラコビッツ

マメーリア王国出身の魔女ゲラゲモーナとその部下。ゲラコビッツは表は従っているものの嫌っている。
知略に長けており何度もマリオたちを何度も出し抜いた事がある。

ダークスター

キノコ城の地下に封印されていた暗黒のスター。古い時代において存在していたが悪しき者の手に渡りスターの精の多大な犠牲により封印された。
現在はピーチ姫が鍵となっている。

ゲドンコ星人

宇宙人でエネルギー目的で過去の世界を侵略。行動が非常に外道で侵略先の住民をエネルギーの代替、兵器生産の資源とみなしている。
クッパ軍団と比較できないほどの外道である(黒ペンキに汚染されたクッパは別として)。

黒ペンキ

イロドリアイランドに存在するペンキを大量に混ぜると現れる色。有害で黒ペンキに汚染されたものは凶暴化して黒ペンキの意のままに操られる。
そのため、黒ペンキに汚染されたクッパの行動は今までにないほど外道な行いをする。

スポンサーリンク