【EVEonline】アサカイ星域会戦

この記事の所要時間: 11

概要

アサカイ星域会戦とは2013年1月27日にDOD-LOとCFCの間で起きた5時間にわたる戦い。
被害総額は1200万円以上動いたとされる。2800人が動いた。
通称「クリミス戦争」。

原因

そもそも1200万円以上の金が動いた原因とは何か?
CFCタイタン(1000人のプレイヤーを用意して1年もかけて作らなければならない空母)級Reviathanがうっかり戦争のまっただ中に登場。
DOD-LOからすれば「げっタイタンかよ! やつら本気だ!」と本気になり、CFCからすれば「やべえ! うっかり変な所に移動させちまった!!」と守らなければならない。
つまり、一触即発になってしまった。

DOD-LO側は捕縛しようとして攻撃。うっかり来たタイタンは逃げたが問題は終わらなかった。増援でやってきたむちゃくちゃ強い軍艦がたくさんやってきてまさに戦争状態になったのだ。
しかも、多くの勢力が参入して混沌となった。
まさに恐ろしい戦争である。

元々、TESTとCFCは友好関係(3年も続いてた)だったがお互いに仲が悪くなったとされる。
BBCがこのニュースを取り上げていた。