【うみねこのなく頃に・ネタバレ】真相

2017年3月15日

注意

これは、ネタバレであり読むときに注意。

真相

現実で起きた六軒島爆発の真相はおおむねEP7におけることと同じ。
内容はいかの通り。
紗音が会議に来た親たちに金塊の所を案内し銃を渡し分配にもめて絵羽が蔵臼夫妻を誤射し殺害してしまった。
楼座が失言で霧江が留弗夫を除く部屋にいた人間を射殺(紗音と絵羽は生きていた)。霧江と留弗夫は戦人を除く島中の人間を皆殺し。留弗夫は戦人に会い島で起きたことを話すも留弗夫と一緒にいることを拒否。
が、教会で休んでいた留弗夫を絵羽が射殺。霧江は絵羽に会い「また子供を作ればいい」と言って怒らせてしまい射殺された。絵羽は紗音が言っていた本館の反対側にある別館へ避難し爆発から逃れた後、ボートで逃げる。
戦人は紗音と会い一緒に逃げようとしてボートで逃げたが紗音は生きて行くのは無理だとして海へと入り戦人は追うように海へ入った。海岸で発見されたのは戦人一人だった。

内訳

死亡

蔵臼夫妻、留弗夫夫妻:絵羽に射殺される。
楼座一家、秀吉、譲治、朱志香、源次、郷田、熊沢、南條:留弗夫夫妻により射殺される。

生存

絵羽
戦人

行方不明

紗音


PAGE TOP