【KOUDELKA】ハートマン夫妻

この記事の所要時間: 042
ネメトン修道院の管理人老夫婦。夫は元船乗りのオグデン、妻はベッシ―。
キリスト教徒。
半年前から魔物が出現しているのを目撃している。
心優しくオグデンは修道院の修繕をしながら絵を描くことが趣味となっている。しかし、相手を殺すことが趣味で毒殺やら斧で殺している。
オグデンはかつてプリンセス・アリス号の船長だったがテームズ河で船が沈み大勢死亡し自分を責めて酒で苦しんでいた所をエレインが助けて以後、エレインに忠誠を誓う。エレインがいた時にプリンセス・アリス号の絵を描いていた。
エレインが盗賊に殺されてオグデンは無法者だろうが何だろうが殺す殺人鬼と化した。
クーデルカを捕まえてオグデンは船長の服となり斧で殺そうとしたがベッシ―に後ろから撃たれ即死。ベッシ―はクーデルカに全てを話し夫に会うため自殺した。

スポンサーリンク

SNK