【KOUDELKA・ネタ】仲悪すぎ

この記事の所要時間: 159

概要

これだけパーティメンバーの仲の悪さがあるのだろうか。私は見たことが無い。
ジ・アビスもあれは酷いがこっちはノンストップ仲たがいだよ。
主な原因はジェームズのクソジジイで人間の嫌な部分の集合体みたいなもの。ただし、ストーリーが進むによってジェームズがかわいそうになってきた。

その一例

1.クーデルカがワーウルフに捕まったエドワードを発見。クーデルカはナイフを抜いてエドワードを殺そうと思っていた。仲間になる前のシーンである。
2.エドワードの助けもあって銃を持ってワーウルフを撃退。恩を返すと言ってエドワードを治療するもやっぱり攻撃的な言い方。
3.エドワードの理由が「田舎の富豪の息子がネメント修道院を買って豪遊しているから聞いて腹が立って福音を聞かせに来た」と聞いてクーデルカがキレた。
4.ジェームズを助けて名前を名乗れと言ってきてなかなか名乗らなかったので「追剥」と侮辱しエドワードがキレた。
5.ジェームズが助けたことに感謝せずただ神のご加護とあきれ返り二人はその場から離れようとしていた。
6.聖堂に何も無いとジェームズが落胆しエドワードがバイロンの言葉を言うもジェームズは品が無いとバカにする。
7.クーデルカから解決するなら誰でもよく「あんたの好きな大工の息子(キリストのこと)」と皮肉らせてジェームズを怒らせ口喧嘩勃発(夫婦が銃をぶっ放してきたので停戦)。
8.降霊ができるとクーデルカが話しエドワードが質問したらジェームズが「祈りぐらいしろ」とキレてクーデルカの降霊に文句言って口喧嘩続行。
9.エドワードやクーデルカが夫婦が怪しいとにらむもまたジェームズが反論し口喧嘩。
10.落とし穴にかかり脱出が困難で考えていた所、ジェームズが無法者と罵りエドワードがまたキレた。
11.修道の地下にあった財宝にジェームズが欲しがりクーデルカやエドワードは拒否。しかも、あれだけ罪もない人々が死んでいる牢獄なのにそこでも「盗賊」とののしる。

しかし……

決戦に向けてそれぞれの思いがありジェームズはそもそもの原因は友人が起こしたとして二人は帰ってほしいと頼むが二人は帰らず戦うことを決意する。一応、和解できたらしいが口は悪いまま。
まあ、それらしいものか。
それに、クーデルカ曰く「悪口を言い合える仲はいい」らしい。

SNK