【グラブル・用語】ゼエン教

概要

ゼエン教とは星の民を崇拝している宗教。星の民を信じて永遠の幸せを得ようとすること。
星晶獣を見る力が存在し大僧正からもらえる。星晶獣の力を操れる。
ゼエン教の伝承に「過去を変える遺産(おそらくアーカーシャ)」が存在する。

所属者

ペテロ

大僧正。

ソフィア

ペテロの孫。ヒューマン。
聖地巡礼をしている。

レッドラック

僧侶。ドラフ。

ラスティナの父

ヴァッヘン派。死んだ妻を生き返らせるため入る。

ヴァッヘン派

ゼエン教の過激派。
事件も起こしておりラスティナの父親と手を組み戦乱を起したこともある(ラスティナの妹がゼエン教に連れて行かれたらしい)。
風評被害が大きく国規模でゼエン教廃絶を唱える国家も存在する。

「敵」説

ヴァッヘン派は星の民を崇拝する狂信者集団「敵」と同一視される説が存在する。両者は似ている部分があり敵という可能性が強い。
ヴァッヘン派がこれに当たると思われる。


PAGE TOP