【艦これ・テンプレ】五十鈴の一生

概要

五十鈴の一生はレベル12になって捨てられる五十鈴のこと。

なぜ、捨てられる

五十鈴は軽巡の中でも早く改になり優秀な装備を3つもってくる。
12.7cm連装高角砲、61cm四連装(酸素)魚雷、21号対空電探の3つである。序盤とか非常に頼りになり装備を持ってきており育てるにはうってつけである。
しかも、改の前は対空が上がらなかったものの改になると対空が上がるため近代化改修の素材となる。
しかし、あまりこのことを込んでいない提督諸兄もいるため注意。

改二の登場

五十鈴の改二が登場ししかも対潜における重要なキャラクターとして位置づけられている。そのため、五十鈴の重要度が増してちゃんと育てる人が増えた。

テンプレ

軽巡洋艦 五十鈴の一生

艦隊に新たに加わった五十鈴は、しばらく出撃の時を待ち続けます。
近代化改修に使われることもなく、解体されることもなく、大切に扱われます。

初出撃の時、五十鈴は第1艦隊旗艦を務めます。
装備を追加で1つ搭載しますが、この装備が良いものであることはありません。
そしてこれが五十鈴にとって最初で最後の装備追加になります。

初出撃の後、レベルが5に達していれば五十鈴は第1艦隊旗艦の任務を終えます。
ここから2~4艦隊の旗艦に配属され、長い遠征生活が始まります。

遠征によりレベル12になった五十鈴に、転機の時が訪れます。改造です。
「もっと働ける」
その言葉を最後に、五十鈴がこれ以降発言することも、出撃することもありません。

装備を全て外された五十鈴改
最後の仕事は、他の艦船の対空を上げることです。

五十鈴はその一生を余すところなく使われ、その後も他の艦船の中で生き続けるのです。

ちなみに

あまり見かけないが五連装持ちの雷巡を育てる「北上大井牧場(木曾は二人と比べて長いためはぶく)」、改二になるとさらなる装備を持ってくる「五十鈴改二牧場」もあるらしい。
しかし、効率性は悪くあまり見かけない。やってみたけど無理。というか資材が多くいる。


PAGE TOP