【名言・迷言】燃え尽きたぜ…真っ白にな…

この記事の所要時間: 029

概要

「燃え尽きたぜ…真っ白にな…」とは矢吹丈がホセ・メンドーサとの15Rによる激闘が終わり言ったセリフ。その後、有名なリングコーナーに座り真っ白になった。
これは世界最強であるホセ・メンドーサと戦い勝てなかったが全力を出し尽くしホセの精神をボロボロにして勝利した。そのため、真っ白になった。
このシーンをネタにしたパロディが多く存在する。

逸話

作画のちばてつやはこのシーンを描き終えた後は真っ白に燃えつけたそうだ。作画もやり遂げるとは恐ろしい光景である。

スポンサーリンク