【名言・迷言】ピッコロ「みえるのではない…感じるのだ」

この記事の所要時間: 020

「みえるのではない…感じるのだ」とはドラゴンボールにて孫御飯を鍛えるピッコロが言ったセリフ。目に見えないが、感覚を養う重要性を言っている。
確かにドラゴンボールの世界は最終的に見るより感じる戦いが多くなった。スカウターとかもろそれであり感じることで相手の戦闘能力を測る。ゆえに見るよりも重要なことだ。
戦いも見るより体のほうが動く。