【名言・迷言】ケンシロウ「全部だ」

概要

「全部だ」とは北斗の拳のケンシロウが子供を持って聖帝軍に行こうとしていた悪党に向かっていったセリフ。
悪党が山分けと称して数人わけようとしたがケンシロウは全部と言ってもう1度言っても帰ってきた。怒った悪党はケンシロウを殺そうとしたが殴られて子供は取り返され、起き上がって銃を向けるが秘孔を突かれて死亡。
非常に単純なセリフだが言っていることはものすごく変である。


PAGE TOP