【アクセスアップ】人が狂ったり腐ったりする

この記事の所要時間: 123

概要

この業界に来て多くのブログを見てきたが「1つだけヤバい点がある」。それは、アクセスアップだ。
アクセスアップとは人がたくさん見に来てほしいというものだ。弱小ブログや強いブログも見なそうだ。そうなんだよ。
でもさ、それだけに固執して歪むことがある。この記事はその実例を書く。

実例

1.アクセスアップのためにあえて炎上ネタを持ってきてアクセスを狙う。
2.検索では絶対に勝てないことを承知しており相互RSS、相互RT、相互ブックマークでアクセスアップを狙う傷の舐め合いで足の引っ張りもある。
3.真っ当なブログよりもヤバイブログの方が名を知られやすい。
4.アクセスや金を考えると気が狂う恐れあり。
5.この業界にいてたとえ芸能人、ニート、主婦、社会人だろうと真っ当な神経で「金、アクセス稼ぐ」なんて考えるな。狂う可能性がある。「稼ぎたい」と思った瞬間に何かが狂う可能性が来るから注意しろ。
6.気がつけば人間の闇を嫌でも知ってしまう。

結局は?

正直に言えば楽しくブログを書いた方がいい。
アクセスよりもモチベーションが大事でモチベーションが死ねば恐ろしいことになりかねん。だから、モチベーション重視でやったほうがいい。
もっとも人間腐ってもいい連中はどうぞご勝手に。

このブログはどうなの?

そうだね、アクセスアップを考えたりしたけどもうどうでもよくなった。見たい人がいるなら見ればいいよと言う感じだ。
と言うか、私自体も「単に私の書いた記事が他のサイトに負けたくない」だけであり人が多く見てくれればそれでいいんだ。

スポンサーリンク