グラブル用語

No Image
概要

伝説の英雄とはクラス4ジョブのモデルとなっている者たち。お見通し婆さんはかつて従者を努めていた。
かつてパンデモニウムにゆき生還した実力者たちだが二度と戦えなくなって姿を消した。
クラス4のモデルともなっている者た ...

グラブル用語

No Image
概要

グラブルには多くの勢力が存在し強力な物もいる。大きく分けて6ついる。

主要勢力真王と配下

月の民の遺産を操る真王と配下の七曜の騎士。瘴流域を支配し全空を分断している。
最も強大な勢力であり秩序の騎空団も参加に入れ ...

グラブル用語

No Image
概要

星晶獣の力を利用して空の世界を支配しょうとしている集団。契約武器を所有しており組織の一員に
星晶獣を討伐したら報酬が得られる。
正式名称不明。
掟があり「子供は巻き込まない」とされる。
ルリアの存在 ...

グラブルネタ

No Image
概要

エルステ帝国へ不満を持ち脱退した者が登場するのはよくあること。確認されるだけでも5人いる。理由と階級を書く。
と言うか、カタリナ以外の階級は不明だ。

一覧カタリナ

最終階級:中尉
脱退理由:帝国のやってい ...

グラブル用語

No Image
概要

ゼエン教とは星の民を崇拝している宗教。星の民を信じて永遠の幸せを得ようとすること。
星晶獣を見る力が存在し大僧正からもらえる。星晶獣の力を操れる。
ゼエン教の伝承に「過去を変える遺産(おそらくアーカーシャ)」が存在 ...

書き手の手引き

No Image

概要

エルフ、ドワーフ、ホビットみたいに亜人ばっかの世界はあまりみかけない。人間ばかりなのはわかるにしても亜人ばっかの世界も見たいものだ。
まあ、亜人ばっかはおそらく戦争ばかりだろうしな。戦が普通で平穏とは程遠いものだろう。

書き手の手引き

No Image

ギルドについて謎に思ったことがある。たいがいのギルドは魔物退治ばかりで他の依頼は来ない。普通、魔物退治以外の多種多様な依頼もあっていいが無いのはどうかと思う。
個人的には資源を持ってきたり、製造とかもあっていいはず。つまり、依頼所と ...

書き手の手引き

No Image

概要

魔物退治とはファンタジー系でよくある展開。冒険者が生計を立てえるための1つの仕事である。人の土地を荒らしまわる魔物を討伐して報酬を得る者が普通である。ただし、報酬が低い案件には手を出さないものがある。
違うもので魔物を倒し ...

書き手の手引き

No Image

概要

光属性とは読んで字のごとく光に関する属性。と言っても聖なる物ばかりで光速に動ける物ではない。
教会、聖女、神のご加護とかうんたら登場する。転じてものすごく規則にうるさくとりわけ神のご加護さえあれば多少は大丈夫。
回 ...

書き手の手引き

No Image

概要

普通の過去とはごく一般人がもつ普通の過去。悲惨な過去と比べて背景になりやすく別にどうでもいいことだったりする。まあ、重要な過去をもあったりすれば普通の過去でも多少の価値はある。
普通の過去は学園ものがいい。学園もので悲惨な ...

書き手の手引き

No Image

クォーター、ハーフ、混血とある。混血、ハーフはその昔は使われていたものの現在は差別用語として禁止されクォーターとなっている。
考え見ようぜ。クォーターでも同じじゃないのか?
いくら言葉を変えても事実は事実だ。土方を土木にした ...

書き手の手引き

No Image

概要

転生系でよくある前世の人々。たいていは主人公の背景を説明するだけに存在し転生した後は登場しない。まあ、使い勝手のいい人形として使われているのが普通か。
たまにだが転生後の前世にいた人々を書く作品も存在する。まあ、どういう反 ...

書き手の手引き

No Image

概要

作品によって世界のルールが登場する。それらの多くは非常に危険なものだったり悪辣な者が多い。今日はそれを説明する。

例善対悪

「人の心に悪ある限り我は永久不滅」という悪党がいて本当に復活する奴がいたとする。普通なら悪の心で ...

書き手の手引き

No Image

「俺たちに明日は無い」という映画がある。この映画は実在の人物をもとにしたドキュメンタリーで最期はすさまじいものだ。
悪逆の限りを尽くし最期は警察によって雨あられと銃弾が飛んできて死亡。
悪逆の限りを尽くす悪党系主人公の最期は ...

書き手の手引き

No Image

概要

よくH漫画には外道が登場する。たいてい少年漫画にいれば殺されるか逮捕される因果応報な話が待っている。しかし、H漫画では逮捕もされず野放しにされている。
普通、逮捕したりするがどういうわけか裁かれない。ひょっとして読者が感情 ...

書き手の手引き

No Image

概要

これはコラムに近いかもしれないが書く。私が今まで創作を見てきた中でドン引きすることはある。いくら何でもと思うシーンもある。今日はそれについて話す。

私が今までドン引きしたのはある漫画についてだ。
どうしようも ...

書き手の手引き

No Image

概要

無理矢理決闘とは無理矢理に決闘へ持ち込むこと。これはいい悪いの中で私が特段悪いと思ったことを記す。

1.複数で相手しもいいのになぜか一対一。ただし、お互いの力が戦術レベルなら一対一は許される。
2.個人的な理 ...

書き手の手引き

No Image
概要

スタースクリーム系の敵とはスタースクリームに近い感じでニューリーダーと名乗る。
謀反を起こしやすいが有能な部分もあり組織に利益をもたらしたりする。そのため、使い勝手はいい悪いとの両方である。
トランスフォーマーのス ...

書き手の手引き

No Image
概要

ハカイダー系の敵とは悪の組織にいたらとてつもなく邪魔な人材。通常、スタースクリーム系の敵キャラは有能であるがゆえに多少であるが組織へ害を与えるものの有能さもあって組織に利益をもたらしたりする。
しかし、ハカイダー系の敵は皆 ...

書き手の手引き

No Image
概要

中二病のテンプレとはちまたでよく登場する変なキャラ付け。大きくよくわからん口調と邪気眼を使う。

一覧

1.邪気眼。
2.黒歴史ノート。
3.ようわからん痛みを出す。
4.変な口調。
5.主 ...

PAGE TOP