【ダニエルの書】雄羊と雄やぎ

この記事の所要時間: 019

概要

8章に登場したウライ川にいた2頭。雄羊は東を除いてあらゆる方向へ向かう。
目立つ一本の角を持つ雄やぎは西からやってきて雄羊を倒し角を追った。しかし、強くなるにつれて角が俺て天の四方に四本の角が生えた。
これはギリシャ帝国のことを言っているとされて羊はペルシャ・メディアでペルシャを打ち倒したギリシャと見られる。

広告