【ダニエルの書・ネタ】アラム語とヘブライ語

この記事の所要時間: 021
ダニエルの書は少し変わっている部分がある。それは2章4節~7章28節がアラム語でそれ以外はヘブライ語で構成されていること。
なんというか、最初はユダヤ人らしくヘブライ語を使っていたが途中でバビロニアの言葉になった。途中で変わるのは何があったのかわからない。ただ、書かれたのはそうでひょっとしたらダニエルが途中で体調を崩し誰かに途中を書かせるよう指示していたのか?